円滑な移行を確実にするカン・パシフィック、ベストサンシャイン


ベストサンシャインとカン・パシフィック/マリアナ・リゾート&スパは2018年のカン・パシフィックのリース期限終了前、次の2年で円滑な移行があることを確実とすると言っています。

BSI最高経営責任者マーク・C・ブラウン氏とカン・パシフィック社のヨシヒロ・キタミ社長、マリアナ・リゾートのゼネラルマネージャー、グロリア・カバナクルース氏及びカン・パシフィックの法律顧問ジョセフIacopino氏は木曜日午後、彼らの「パートナーシップ(協力)」交渉を議論するために記者会見を開きました。

しかしながら、彼らはどれくらいの資金が交渉に関与していたかは明らかにしませんでした。

カン・パシフィックがマリアナ・リゾートの管理及び営業、経営をBSIに引き渡すとき、両者は円滑な移行を行いたいとIacopino氏は述べました。

「ベストサンシャインがそのすべてと資産を譲渡されることになる間、マリアナ・リゾートは営業を維持することになります」とIacopino氏は言いました。

同氏によると、交渉を先導したのはベストサンシャインであると述べています。

「我々はみんなの利益に対応する方法を見出だす方向でベストサンシャインと共に取り組み、そして、我々はそうする方法を見つけたと感じています」と彼は付け加えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です