連邦政府がCUCの反対への回答の2週間延長を求める


連邦政府は連邦裁判所にその申し立てを却下しないように求めているCUCコモンウェルス・ユーティリティー株式会社の請求に答えるために2週間の期間延長を求めました。

アメリカ政府によれば、最近ワシントン D.C. を襲った猛吹雪が同じくその主任弁護士、サラ・ウィルソン氏のオフィスも閉ざしました。

本件の被告は合衆国国土安全保障省Jeh チャールズ・ジョンソン長官、移住と税関施行部サラ Saldana部長と合衆国市民権移住サービスのレオン・ロドリゲス部長です。 彼らの弁護士は連邦検事補ジェシカ・F・クルーズ氏とマイケル・W・シュワブ氏です。

NMI地方裁判所のラモナ・V・ Manglona主席判事が以前、被告に2016129日までに CUC の反対への彼らの返答を提出することを命じました。 CUC 2016122日にその申請を提出しました。

クルズ氏とシュワブ氏は彼らが原告の反対に対する回答を再検討し、そして準備するためにウィルソン氏に対して、ウィルソン氏のオフィスを開くのを許すための2週間の期間延長を求めていると言いました。 原告の弁護士、ジェームズ Sirok 氏は反対しませんでした。

被告はこれが彼らの回答通知に対する時間延長の最初の要請であると言いました。

原告、 CUC 18人の CW -1従業員は労働者の更新請願の処理での遅れに対して連邦政府を訴えました。 この遅れは従業員が CUC 発電所で働くのを阻みました。

アメリカ政府は、時間通りにその請願書が提出されたCW 労働者に対する240日間の猶予期間が2015214日に効力を発すると発表した後、連邦裁判所は原告に、法廷が議論の余地があるとするその告訴を却下するべきではない理由を尋ねました。

CUCはその申し立てが意味のないものであると述べ、さらに、被告が CW -1更新認可を発行したときでさえ、「主張されている過ちが再発することはないという保証を提供しなかったため、過ちの自発的な停止は議論の余地がある訴訟と言い渡さなかった」と付け加えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です