CUC は「危険領域」にある


電気に対する需要がサイパンの新しい投資家の流入で増加することが予想されていますが、CUCコモンウェルス・ユーティリティー株式会社は理想的な70パーセントの発電確保レベルを達成しませんでした、とCUC 理事会メンバーのデイブ・J・サブラン・ジュニア氏は話しています。

CUCの発電は54.3メガワットである全体の発電生産高の備蓄資源あるいは44パーセントの24メガワットを含むと発電所マネージャーのリチャード・カノ氏は報告しました。

CUCの発電所は1月に18,664,700キロワット時を生産し、1,237,947ガロンのディーゼル燃料を消費したとカノ氏は委員会に伝えました。

「本当に70パーセントの確保を望みます」とサブラン氏は最近の理事会で述べました。

「44パーセントは危険領域であることを意味します」

彼は理事の同僚と CUC 経営陣に、パワーエンジンが古くなっているために多くの維持管理が必要とされると述べ、発電能力を是正するようしきりに促しました。

もし停電が起きるなら、と彼は付け加え、CUC の現在の蓄えは十分ではないと述べました。

カノ氏は今年末までにさらに6.5メガワットを提供するはずであるエンジン4を復活させていると言いました。

彼は同じくエンジン2で維持管理を完了し、そして20日以内に完了されるはずの維持管理をエンジン7で今準備していると話しました。

他のエンジンも同じく「定期的な維持管理」に取り掛かりますと彼は付け加えました。

エンジン8のパーツについては、それらは140万ドルの費用がかかるものであり、それらを作るためにおよそ2年を要するであろうとカノ氏は述べ、1千百万ドルの費用がかかる新しいエンジンを買うか、あるいはパーツを待つべきかどうかを決めるのは理事会次第であると付け加えました。

エンジン8は13メガワットを生産しますと彼は言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

米軍事委員会がCNMIを訪問