DOLがダイナスティに未払い賃金1.3M ドルの支払いを命じる


その400人以上の従業員の賃金未払いに対して、CNMI労働局はテニアン・ダイナスティへの罰則を与え、ホテル・カジノに130万ドルになる賃金を返済することを命じました。

明記された和解及び同意判決は、ダイナスティが同じく罰金$18,000ドルを課されると述べていますが、テニアン・ダイナスティが新たな違反を犯さないのであれば、その額は1年間停止されます。

労働審理官ジェリー・コーディ氏は223日付のその命令文の中で、テニアン・ダイナスティ・ホテル&カジノを経営する香港エンターティメント海外投資社HKE 1,321,637.09ドルになっている賃金を返済することになると述べました。

テニアン・ダイナスティは217日の聴聞において、それが20158月から2016131日まで500人以上の従業員によって収得された賃金を支払っていないことを認めました。

聴聞において、コーディ氏は、テニアン・ダイナスティが、それぞれの労働者の支払い・返済義務がある賃金の25パーセントになる額を、それぞれの従業員あるいは元従業員の弁済される損害への追加の支払いになることに同意したと言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です