DPL「カン・パシフィックとの和解がRFPの完遂のための道を敷く」


(プレスリリース) DPLパブリック・ランド局は、マリアナ・リゾート&スパのカン・パシフィックの権利とDPLの新たなリースのためのRFP(入札)に関して、サイパン・エンターテイメント有限会社、カン・パシフィック・サイパン社とインペリアル・パシフィック・インターナショナルとのその論争を解決したという発表に満足しています。

その訴訟でDPL12月に発表したカン・パシフィックとインペリアル・パシフィックの間の合意が、RFPでの競争を排除するインペリアル・パシフィック・インターナショナルによる試みであった;そして、カン・パシフィックがそのリース契約書に従わず、DPLの事前の承認を求めなかったため、カン・パシフィックの前回の譲渡及び公共の土地のサブリースは無効となったと主張しました。

その和解の一部として、カン・パシフィック・サイパン社はそれが提案に対するDPLの要請に対してすぐに応答する提案を提出する財務能力を持っていなかったことを示しました。

訴訟でもたらされたすべてのクレームを却下することにおいて、カン・パシフィックとインペリアル・パシフィックはそのクレームを解決するためにそれぞれDPL500,000ドルを支払うことに同意しました。

さらに、もしRFP 15-RED-006 に従った入札の落札者が2018年のカン・パシフィックの平常の期限前に開始することを要請する場合、カン・パシフィックはそのリースをより早く終えることに同意しました。

DPLのマリアンヌ・コンセプシオン – Teregeyo局長は、:「DPLは、この問題解決に、そして時間通りに、そして妨害なく、そのRFPの完遂へのいかなる障壁も取り去ることに満足しています。この和解はコモンウェルスに対する重要な報酬を獲得し、落札者への新しいリース授与を妨げるカン・パシフィックによる告訴の脅威を取り除き、そして今年の7月あるいは8月近くにMarpiの我々の公共の土地に対する際立ってより高いリース料を受け取り始める道を敷きます」と述べました。< /span>

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です