フィリピンの上院議員がホッコック氏を表敬訪問


金曜日に訪問中のフィリピンのソニー・アンガラ上院議員はキャピタルヒルのオフィスでビクター Hocog知事代理に会いました。

アンガラ氏はCNMI当局者に会って、フィリピン人共同体のフィリピン独立記念日祝典に参加するために訪島しました。

アンガラ氏はフィリピンの上院外交委員会の副委員長で、海外のフィリピン人労働者に影響を与えている問題と同様に税制改革及と教育への彼の強い提唱が知られています。

彼らのミーティングで、アンガラ氏とHocog氏はフィリピン‐CNMIの問題、特に島の労働力の必要を論じました。

Hocog氏はアンガラ氏にフィリピン議会のメンバーにコモンウェルスを訪問し、島についてさらに多くを知るよう奨励するよう求めました。

インタビューでアンガラ氏は、フィリピン人にコモンウェルスで働くことを許したことに対してCNMIの人々と彼らの政府、特にラルフ・トレス知事に感謝を述べました。

CW上限によって生じた、差し迫っている労働力不足は「影響を受けた労働者に対してだけではなく、その増大する経済のためにのために、CNMIにも非常に緊急の問題」であると同氏は話しました。

アンガラ氏は彼がすべてのフィリピン人共同体メンバーを歓迎し、そして彼らのために「おおいに幸せな独立記念日」を祈って欲しいと語りました。

「当地を訪問して、そしてサイパンの祝典の一部となることはこのような大きな名誉となるものです。 私は彼らの懸念に関してここでフィリピン人から大いに学びました、そしてそれらを私は、彼らの上院議員としてフィリピンに持ち帰ります、そして私はこれらの問題に対する可能な解決を論じるために適切な部門の長と会うことになるでしょう」

アンガラ氏は同じく上院労働委員会の後長代理で上院歳入委員会の議長でもあります。

アンガラ氏、43歳は、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスから国際関係の学士号を持っています。彼はフィリピン大学で法律を学び、法律についてハーバード・ローから法学位のマスターを取得しました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

電力の料金値上げ

次の記事

USCISが説明を明白にする