フィリピン航空の第一便がサイパンに到着


フィリピン航空のサイパン便最初のフライトは島を訪れることを望んだおよそ40人の中国人観光客にとって中国からマニラへの接続便遅延のために1時間半遅れることになりました。

このフライトはサイパンに午前335分到着予定でしたが、飛行機は午前505分に着陸しました。

この遅れは、しかしながら、空港にいたフライトを歓迎するCNMI当局者の祝福の精神を消沈させませんでした。

ラルフ・トレス知事は、祝辞で「ここにこの新しいハブを持つことに対してフィリピン航空に感謝します。それは我々の観光事業マーケットのためにだけではなく、我々の衣料照会プログラムのために本当に新しい機会です。これは我々にとって素晴らしい機会であり、我々はしっかりと航空会社及び関係しているすべての機関と共に働くつもりです」と述べました。

彼はPALのサイパン・フライトサービスが成功することを祈っています。

「我々は、PALの成功を我々が手助けすることを明確にするつもりです、なぜならあなたがたが成功するとき、我々も成功するのですから。これは素晴らしいパートナーシップとなることでしょう。私は同じく我々のコモンウェルス港湾局に感謝したいと思います 彼らはPALと共にしっかりと働くことでしょう」

トレス氏はPALがリスクを背負っていることを認めました。「けれども我々はここで同じく成長の機会を探り、そして私はマーケットが成長するであろうと信じます」

PALエクスプレスのBonifacio サム社長はCNMI 政府と人々に彼らの支援に対して感謝しました。

「これは我々の初めてのフライトです ついに我々はここに来ました、サポートをどうもありがとうございます」とサム氏は話しました。

4時間を少しオーバーした…ここサイパンへの着陸は…PALにとって誇り高い瞬間であり、そして我々の飛行機のタッチダウンはPALとこの産業の関係者の共同の努力の最頂点を表わします」

彼は利用可能なフライトサービスを作った事業体に感謝しました:フィリピンの民間航空事業機関、連邦航空局、CNMI政府、フィリピン観光事業省とマリアナ観光局。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です