マーサズ・ストアの窃盗事件で公衆の協力が求められる


Garapanで火曜日午後、マーサズ・ストアのポーカー部屋での窃盗事件の容疑者を逮捕するために、DPS公衆安全局とクライム・ストッパーは公衆の協力を求めています。

ストア・マネージャーによれば、午後118分に入ってきて、午後142分に立ち去った容疑者は、同店の監視カメラを知っているとは思われませんでした。

マネージャーは容疑者が顔見知りではないと述べ、彼がポーカー部屋の常連ではないと付け加えました。

容疑者は30代であると思われ、黒い肌色で青いboonie 帽子をかぶってその上にサングラスを付け、グレーのフードつきのセーター、緑のすり減ったショートパンツとゴムぞうりでいました。ポーカー部屋にいる間、彼はポーカー・アテンダント・カウンターに接近して、ポーカー・マシンのキーをつかみました。店のカメラは容疑者が3台のポーカー・マシンを開け、その1つで苦闘しているように見える姿を捕えました。

その時、ポーカー・アテンダントはカウンターにおらず、ポーカー部屋に顧客はいませんでした。

ストア・マネージャーは3台の機械からおよそ30ドル相当のコインが盗まれたが、機械の1つに与えられた損害は500ドルの費用がかかると推定されると話しています。

ポーカー機械から金を取った後、容疑者はストアに向かい、彼がポーカー機械から盗んだ金を使って飲み物を買いました。彼はそれから外に出て、そして旧モデルの白トヨタ・カローラ4ドア・セダンを運転して立ち去りました。

DPS公衆安全局のジェイソン Tarkong広報官は警察が火曜日の午後4時に事件に対処し、ストア・マネージャーと会ったと伝えました。

Tarkong氏は、店の従業員が見つけることができなかったポーカー機械のマスターキーを捜した後、盗みが発見されたと言いました。

 

ストア・マネージャーはその後監視ビデオを再生してその犯罪を発見しました。

もしあなたがこの事件についてのインフォメーションを持っているなら、クライム・ストッパー・ホットライン(234-7272)に連絡をとってください。クライム・ストッパーは逮捕に導くいかなる情報でも最高千ドルを支払います。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です