非番の警官がひったくり事件に駆けつけて逮捕された容疑者


DPS報道官ジェイソン Tarkong氏は木曜日、ジェレミア・P・Seman容疑者の逮捕に導いた強盗事件に最初に対処したのは非番の警官であったと伝えました。

「数秒の内に容疑者は追跡を行なったこの担当者によって見つけられ、ススぺで無事に容疑者を取り抑えることができました」とTarkong氏は話しました。

午後832分、対応したユニットが被害者(50歳の女性と彼女の22歳の娘)を容疑者の場所に連れて行きました。

被害者は明確に容疑者を識別したとターコング報道官は述べました。

警察はSeman容疑者、32歳から数フィートのブッシュ(低木地)近くで、現金、クレジットカードと身の回り品のすべてが損なわれずに落ちている、盗まれた札入れを回収しました。

Seman容疑者は木曜日に高等裁判所で、国選弁護人シンディー・ネズビット弁護士に彼の代理を務めるように指名したケネス・L・Govendo 裁判官の前に現われました。

保釈金は11,250ドルに設定されました。

 

2人の逃亡者逮捕

 

関連したニュースで、DPS報道官ジェイソン Tarkong氏は、75日月曜日に2人の逃亡者の逮捕が連邦と現地の合同取締特別委員会によって可能になったと言いました。

特別委員会は薬物取締局、CPAコモンウェルス港湾管理委員会警察、CNMI関税局、DPS公衆安全局、国土安全保障捜査課と米国のMarshals Serviceで構成されていました。

ドワイトAldan容疑者とギルバート Pinaula容疑者が逮捕されました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です