観光客を運んでいたバンにセダンが衝突、側溝に落ちる


月曜日の午後、Pale Arnold Road-Kopa Di Oru St.の交差点で韓国人観光客を運んでいたバンがセダンに衝突されて側溝に落ちました。

ホテルに運ばれていたと見られる韓国人観光客を乗せ、ガラパンのミドルロードの側溝に落ちたバンの裏側のドアを警察官が開けようと試みました。

バンに衝突したセダンも大きなダメージを受けました。

グランドツアー社に属するバンは、トヨタ・ヤリスが午後310分頃、Kopa Di Oru St.から交差点を横切ろうとしたとき、Pale Arnold Roadを北に向かって走行していました。

バンの運転手ジュン・ヤング・パーク氏は観光客が滞在していたケンジントンホテルに向かってチャランカノアから出て来たところであったと話しました。

彼は7人の未成年者を含む13人の乗客を乗せていたと言いました。

13人の乗客の5人が駆け付けた消防局緊急医療サービス退院によってCHCコモンウェルス医療センターに搬送されました。負傷した5人の1人が未成年者でした。

1人は体の数か所に痣と裂傷を受けました。彼らはすべて現場で治療を受けました。

観光客の1人は、助手席のドアを開けることができなかったので彼らは運転席のドアから這い出なければならなかったと話しました。

駆けつけた警官によれば、多数の衝突事故があるPale Arnold Road–Kopa Di Oru St.交差点に信号を設置する必要があると話しています。

月曜日夜の報道会見の時点で、DPS公衆安全局はまだこの事故についてのインフォメーションを発表していませんでした。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です