中国がマリアナ・トレンチ(マリアナ海溝)の深海調査を行う


北京(「中国日報」) -中国は、4,500メートルの有人潜水艦の母船Tan Suo Yi Haoが金曜日に母港の海南省の三亜港に戻った後、海面下10,000メートルの深さを調査することができます。

処女航海を完了したばかりのこの船は、マリアナ海溝で深海の科学的な調査を行なっている、と中国の科学アカデミーは話しています。

12,000馬力メイン・エンジで10,000海里の範囲を持つ、船長94.45メートル、幅94.45メートルのTan Suo Yi Haoは、修正された海洋エンジニアリング船舶です。

それは多くの研究室、データ処理及びインフォメーション・センターと他の装置の設備が整っています。それは潜水し、深海の遠征とエンジニアリングのためのベースの役目をします。

CASの深海科学とエンジニアリング研究所の職員によれば、この船は中国でその種類最初のものです。研究所によって所有される船は、異なったフィールドの39人の研究者を含め、60人のクルーを抱えています。13カ月の修正を受けた後、それは6月に航海を始めました。

その52日間のミッションの間、この船舶は、中国人によって開発された、およそ11,000メートルの深さまで潜水することができる、自動・遠隔で操作される乗り物、Haidou ARV、海洋床地震計、他の装置と深海着陸船、Tianya Haijiaoでマリアナ海溝での84の研究プロジェクトを行ないました。

ミッションのリーダー、劉 Xincheng 氏は、この航海において異なった深さで多くの貴重なサンプルとデータが集められたと話しました。

それ以上の研究と分析の後、航海についての報告が北京で発表されるでしょう。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です