木曜マーケットのベンダー料金値上げ


フード・ベンダーの料金はほぼ100パーセント値上げ。

コミュニティーと文化事務局のロバート・ハンター局長にによれば、木曜日のマーケットの特定のベンダーの料金は、ガラパン・フィッシング・ベースで週に1度行われている屋外の食品と芸術博覧会の改善のために、更に多くの収入を生み出すため、この10月に値上げする予定となっています。

ハンター氏は月曜日のサイパン・トリビューンのインタビューで、毎週それ自身を維持する木曜日のマーケットの能力において問題があることを認識しており、そして、木曜日のマーケットである特定のベンダーの料金を引き上げることによって、それを是正することを計画していると話しました。

ハンター氏によれば、木曜日のマーケットの目的は観光客に地方の生産物を売り込むことです。 これに並んで、DCCA局長は芸術家のベンダー料を上げる必要はないと理解しています。 「それが作られたマーケットのポイント全体はローカル・プロダクト、ローカル・アートワーク、地方の食品、農業を元来観光客エリアに至らせることで、それでローカル・プロダクトと我々の観光客の間に繋がりを作るものでした。我々は我々の芸術家の参加に影響を与えることを望みません」

商品が何であるかにかかわらず、現時点の木曜日のマーケットのベンダー料金は同じ費用がかかるものです。 「あなたが手製の、他に類を見ない作業をする芸術家であるか、あるいは毎週食物の何千ドルも売っている商用レストランであるかにかかわらず、45ドルを支払っています」とハンター氏は述べています。

ハンター氏はまた、食物を売っているベンダーと大量生産された商品を売っているベンダーのベンダー料金を切り離すことを望んでいます。「我々は異なったシステムを持つつもりです;食物ベンダーは80ドルを支払います。我々は小売りベンダー、大量生産を通して作られる商品を小売りしている人々を分け、彼らは75ドルを支払い、そしてまだ45ドルの支払いを行う芸術家がいます」。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です