テニアン・ダイナスティが却下されたCW – 1更新の法令審査を請願

使用されていないテニアン・ダイナスティ・ホテル&カジノを所有する香港エンターティメント(海外)投資社は、更新に対するその CW – 1アプリケーションの拒否に関して法令審査のその請願を改正しました。

2016921日に連邦裁判所に提出された法令審査に対する最初の改正されたその9ページの請願の中で、HKEジョージ・アンソニー・ロング弁護士を通して201637日に提出された当初の請願への救済のために4つの他のクレームを加えました。

HKE1-129CW請願書が否定された後、HKEは彼らの公式の資格で合衆国市民権とイミグレーション・サービスのレオン・ロドリゲス部長と国土安全保障省のJehジョンソン長官を告訴しましたが、会社の行政不服申し立ては退けられました。

応答者の行動がHKE1-129CW請願の受益者に害を与え続けて傷つけていることをHKEは主張しました。

HKEは法廷に、;HKE 1-129 CW請願を否定しているUSCIS カリフォルニア・サービス・センターのそれぞれの決定を破棄するためこ;断言されたHKECW請願の否認及びそれぞれの行政不服申し立てを退けるために;USCISHKE1-129CW申請すべて
を差し戻すために;法廷の命令に従って
USCISにこの請願(申請)を処理するよう指示するために;HKEが正当な雇用者であることを宣言するよう求めています

HKEは妥当な弁護士費用と法廷が適切であるとみなす他の救済を含め、訴訟のコストも求めています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です