熱帯性暴風雨注意報発令

(プレスリリース) 全米気象局から受け取った情報に基づき、CNMI 緊急事態センターで編集された州警告ポイント、熱帯性暴風雨警報はグアム、ロタ、テニアン及びサイパンに対して発令されたままです。39 mph もしくはそれ以上の風速を含む熱帯性暴風雨状態は水曜日夜及び木曜日朝の可能性になっています。

水曜日午後7時、Chaba(熱帯性暴風雨)の中心は北緯14.3度、東経146.3度近くに位置しており、16 mph(毎時マイル)で西に移動中。

これはサイパンとテニアンの南東およそ65マイル、ロタの東およそ75マイル、グアムの東北東およそ120マイルでした。

Chabaは木曜日までに全体で西向きの進路を維持しており、進行移動のわずかな減少で金曜日に北西の方に向かうと思われます。

最大測定風速は35 mphを維持しています。Chabaは水曜日の夜遅くまでこの勢力を保ち、木曜日朝に強くなり始め、木曜日早朝に熱帯性暴風雨になっていく可能性があります。

Chabaの予想される脅威のため、ラルフ・トレス知事は住民に突風を伴う強風、豪雨と洪水の可能性に対する必要な予防処置を保つように助言しています。

更新されるアドバイスは162.5メガヘルツでNOAA天気ラジオ放送と現地メディアの情報源を通して利用可能です。また、237-8000もしくは664-8000への電話可能です。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です