Hocog副知事が合衆国裁判所法廷に彼に対する訴訟を棄却するよう求める

副知事ビクター・B・Hocog氏は詐欺、契約違反と不当な付加価値で彼とMV Lutaの経営陣を訴えた日本人投資家タカヒサ・ヤマモト氏の告訴を却下するよう連邦裁判所に請求申請を提出しました。

Hocog氏の弁護士Cunliffe & Cook 法律事務所のJeffrey A. Moots氏は、「訴えの基礎事実に特殊であるヤマモト氏の申し立てはHocog氏に決して言及していない」と述べました。

この訴えは不十分である、とMoots氏は付け加えて、Hocog氏はヤマモト氏の訴えで一度名指しされたと言いました。

Moots氏によると、連邦民事訴訟規則は詐欺あるいは過失の申し立てには、詐欺あるいは過失を構成している状況を入念に示すことが要求されるとしています。

「詐欺あるいは過失の申し立てを十分に明らかにすることに関する不足は、民事訴訟12 (b)(6)の連邦規則に従って棄却される訴訟の対象となる」と彼は付け加えました。

Moots氏は、この訴えで明らかにされた基礎事実はその事実の主張のいずれにもHocog が関与したことを示すものは何もないと言いました。

Moots氏によれば、詐欺に対する訴えを明らかにするために、ヤマモト氏は特定の、誰が、何を、いつ、どこで、そしてどのように、について断言しなくてはなりません。

彼は更に、詐欺の申し立てが、ゆがめた説明への当事者の特定と同様、虚偽の主張の特定の内容及び場所、時間を含めなくてはならないと付け加えました。

「詐欺を主張している人物はその取引を特定するために必要な中立的な事実をより一層明らかにしなくてはならない」とMoots氏は言いました。

詐欺訴訟の再吟味は限定的に詐欺に向けられたそのようないかなる申し立ても実証しなかった、と彼は付け加えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です