高層ビルの火事に立ち向かうことはできないと消防署長が発言

消防局と緊急医療サービス課は高層ビルの火事に対処する能力に欠けている、と DFEMS コミッショナーのクライド Norita氏は伝えました。

In the CNMI, a three-story building isconsidered a high-rise, but the fire department does not have an aerial truck,he added.

CNMIにおいて、3階建てビルは高層ビルであると考えられますが、消防署ははしご車(トラック)を持っていません、と彼は付け加えました。

「それはつまり、我々が持っているもので火事と戦うということです」と彼は述べましたが、彼らが火事との長期戦を強いられるとき、問題が起こると付け加えました。

彼は、火災規準によって必要とされるように、島の高層建物の大部分が彼ら自身の消火水系統を持っており、そして火事と戦うために水の備蓄を持っていると言いました。

Norita氏はまた、その施設の火事と戦うために必要な装置を獲得するためにDPLパブリックランド部に公共の土地をリースすることを投資家に義務付けるよう提案したと述べました。

「私が我々のリーダーと共に働いているように、資金が限定されており、我々は最終的にポンプ車と他の装置を我々に与えてくれる保証がそこにあるが、私にとっての優先事項はポンプ車であると、我々は理解しています。もう1つのチャレンジは消防車の欠如です」

ミドルロードの2階建て建物、Hマートで19時間の火災が建物内部を焼き尽くしたとき、前回のサイパンの大火災は20155月に起こりました。

現在のところ、彼らはそれぞれ750ガロンの水を保有可能である2台の消防車を保有していますが、わずか3分で水を使い尽します。 トラックは10年以上のものである、とノリタ氏は付け加えました。

適切な給水の問題を解決するために、消防車は消火栓に接続するべきです、と同氏は言っています。

しかしながら、消火栓はまた、CUCコモンウェルス・ユーティリティー株式会社が水圧を提供するために、彼らに回さなければないことを意味する「アクティブ(稼働)状態」にしなければなりません、とNorita氏が言いました。

「消火栓の大部分で十分な水はほとんどありません」と彼は付け加えました。

Norita氏は、DFEMSが援助を求めるときはいつでも、彼らがCPAコモンウェルス・港湾管理委員会とCDA3,000ガロンの水タンカーを使うための覚書を持つと言いました。

けれども彼は、空港の航空機、救出と消火活動チームの優先事項が空港であることを指摘しました。

それで DFEMSは水を供給する私企業との合意にも取り組みましたが、彼らは通常返答するのに時間がかかります、と彼は付け加えました。

Norita氏は彼らが議会に追加の資金を提供するように依頼したと言いました。

「今年の予算で我々は1台のポンプ車を求めました、そして来年再び我々はもう1台のポンプ車、そして再来年我々ははしご車を求めるでしょう。我々の立法議員は理解します、そして彼らは我々が我々の前に抱えている重大な問題を知っています」

彼は彼らが1,000ガロンの容量の消防車2台を必要とすると言いました。

「問題は給水を維持することです 水なしで、そのトラックがどれぐらい新しいかにかかわらず、我々は火事と戦うことができません。だから、より大きい水容量を持っている消防車が非常に重要です」

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です