4回盗みに入られた花屋

警察が3人の容疑者の監視カメラのビデオ映像を公開します

Garapanのカブレラ・センターにある花屋、デザイン・フローリストは、同じ人々のグループによって行われたと考えられる、去る11月から少なくとも4回盗みに入られました。

従業員は昨日サイパントリビューンに、デザインFlorist が2016年11月の第3週から「まるで2週間おきに」盗みに入られており、それでもなお誰も逮捕されていないと話しました。

NMIクライムストッパー・コーディネーターのジェイソン Tarkong氏は、去る1月29日に顔を覆っている状態で3人の男性が、デザイン Florist に盗みに入っているのを映した監視カメラからの映像を昨日提供しました。

Tarkong氏は3人の容疑者が20代前半あるいはさらに若い年齢であるように思われると言いました。

彼は、容疑者の一人がフードつきのセーター、ショート・パンツ、ゴムぞうり姿で、薮のようなかつらで彼の顔を覆っていたと説明しました。

2番目の容疑者はTシャツを顔に巻きつけた、ショート・パンツとスリッパ姿のやせ形の男であったと描写されました。

3番目の容疑者は背が低い瘦せ型で、シャツを着ておらず、ペアの短パン、リップフロップスのペア、同じくTシャツで顔を覆っていたと描写されました。

Tarkong氏によれば、容疑者は建物の2階のオフィスの中に押し入り、数分の間留まって、そこで彼らは、いくつかの酒のビンと400ドル相当のウィルトン・ブラウン・ウクレレを盗みました。

Tarkong氏はこの事業者がこれまでの数カ月で繰り返し盗みに入られたと言いました。

去る1月15日、容疑者は2,500ドル以上相当のHPコンピュータ・システムを盗みました。

DPS公衆安全局とクライムストッパーは3人の窃盗犯についてのインフォメーションについて一般大衆への協力を求めています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です