台風ユチュの被害査定に役立つアプリ

「RC収集」と呼ばれるモバイルアプリケーションが、先ごろサイパンとティニアンの島々を襲ったスーパー台風ユチュの影響を受けたすべての村からのデータを収集し、その被害を査定するのに大きく役立っています。

先週水曜日にハイアットリージェンシーサイパンで行われたサイパン商工会議所の定例会で、American Red Cross-NMI支部の執行役員John Hirsch氏は、彼らがデータ収集に同じアプリを使用し、地元や連邦のパートナーと共有していることをメンバーに伝えました。

Hirsch氏はサイパンの予備的な被害査定でこのアプリを使用したと語りました。

「我々が行なったことは… コブラビルやサンアントニオのように、本当にひどい直撃を受けたチャランカノアを見ました」と同氏。

「損傷の程度がどのうようなものか一般的な考えを得ようと試み、その後に戻って詳細な損害査定を行います。これは、[現地の]国土安全保障と協力して行われました。

アプリでスマートフォンを使用すると、「私たちは家に行って、それが壊れていることを確認し、私たちが立っている同じ場所にジオ・ロケーション・ピンをドロップする場所に携帯電話を掲げます。その後、私たちの本部に戻って、そのピンが地図にポップアップしていることがわかります。例えば、チャランカノアの地区1では、ここに家があり、これが被害の程度です」

Hirsch氏はCNMI政府と連邦緊急管理局のような連邦政府のパートナーとそのデータを共有し、それをサービスやその他の救済のガイドとして使用していると述べました。

「このアプリは私たちにとって非常に強力なツールです。それが完了するまでに10日間かかりましたが、最終的に終了しました。…画像は、パブリックランド国土局の区画地図と重なっています。だから、ピンが落ちるたびに、どの区画でそれが進行中であるかを実際に見ることができます」

 

その他の手順

ハーシュ氏は、政府が暴風の影響を受けた人々を収容する施設を開設すると、彼らの第一歩はシェルターの支援を提供することだと話しました。

「私たちは災害精神保健専門家を抱えており、看護師や社会福祉士が避難所や家族と会って医療サービスを提供しています」

「赤十字社が提供するもう一つのことは食料補給です。私たちは現在約1,000人の大きなシェルター人口を抱えています。ここティニアンの避難所では約5,000の食事を提供しています」

食事は朝食、昼食、夕食です。

赤十字社は、災害査定が終わるとただちに緊急用品の配給を開始します。FEMAと米国国防総省は、西海岸とハワイからサイパンへの緊急物資の空輸を手伝ってくれました。

「ここ2、3日に到着した緊急用品を手に入れる必要があります。私たちには、蚊取り線香、懐中電灯、蚊帳、防水シート、クーラー、バケツ、浄水器など、約250パレットの消耗品が入っています… 」

15のチームがチャランカノアや他の村で消耗品を配達しています。

彼らは村の各家庭を訪れて災害事態管理や緊急時の対応が終わると、必要なものが何であるかを尋ねるために再び戻ってくるとハーシュ氏は述べています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です