JMゲレロ氏が日本政府から賞を受賞

日本政府は木曜日、マリアナ・ビジターズ・ビューロー(政府観光局)の初代会長、JM V. Deleon Guerrero氏に旭日小綬章を授与しました。

この授与はマリアナ・ハイツ・ビジネス・パークにある領事事務所で行われました。

日本領事館のシノダ・キンジ氏は、日本小国天皇によって与えられた旭日小綬章をデレオン・ゲレロ氏に授与しました。

記念式典には受賞者夫人のレイコさんと姉妹のエディス・L・Gクルズさん、Angie V. Deleon Guerreroさん、Cel D.L.G. Chargualafさん、Margaret D.L.G.カマチョさんと兄弟のレイ・V・D.L.G.ゲレロさんらが参列しました。

この証書には、日本政府印と安倍晋三総理大臣及び官房長官室の大塚幸弘事務局長の捺印が押されてあります。

シノダ領事は、1977年にMVBの初代局長に任命されたJM Deleon Guerrero氏は、「日本とCNMIの間の観光事業の黄金時代を確立した」と述べました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です