CUC「水は安全」

コモンウェルス・ユーティリティーズ・コーポレーションCUCは、チャラン・カノアのグレート・ハーベスト・ブレッド社(Great Harvest Bread Co.)の水質汚濁の原因について非難されるべきではないと述べました。

火曜日の声明でCUCは、同社で微量の大腸菌汚染を伴う水問題について知らされたと伝えました。

同社は、CUCの給水を汚染要因としていると非難しました。

しかし、CUCは、米国環境保護局(EPA)が、環境衛生局と環境・沿岸資質局と共同で、12月6日にパン会社で試験を実施したと言っています。

この試験の結果、「CUC給水は清潔であり、キッチン・エリアのシンクに流入する逆浸透システムROの水が大量の大腸菌を痕跡量含んでいた」ことを示しました。

また、敷地内には専用の水槽があるとCUCは付け加えました。

「CUCの水が不動産所有者のプライベート・タンクに入ると、パイプラインによって最終的なユーザーに送られている間に維持されるCUCの残留塩素レベルによって水が制御または保護されなくなります」とCUCは言っています。

その結果、CUCは、汚染源が現場のRO供給源であると仮定しました。

「それはCUCの給水ではなかった」とそれは付け加えました。

「汚染の可能性のある問題の原因を確認していない企業利用者からの不注意な通知によってCUC利用者が害を受けないことが肝要です」

その水は安全であり、いかなる形の汚染も受けていないとCUCは言及しました。

「私たちは、USEPAとBECQがシステムを規制し、発見結果をただちに定期的に報告することを求めているため、島中で毎日テストをしています」とCUCは伝えています。

CUCは顧客に対する義務を最優先事項として守り、毎日そのような保護を続けていきます。

グレート・ハーベスト・パン社は、「BEHからの通知により、地方自治体の給水の使用は、その後の通知がなくなるまで中止されています。お客様の安全と健康を最優先に考えています。暫定的な水供給はすべて、信頼できる供給源から調達されており、消費に安全だと考えられています」と述べました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です