公式発表「NMIにおけるFEMAの活動は今後も進める」

FEMA リージョンIXの管理者であるRobert Fenton Jr.氏によると、CNMIにおける連邦緊急事態管理庁の業務は、米国政府の一部閉鎖の影響を受けながらも進行中です。

FEMAは2月末までにゴミの除去、一時的な屋根ふき、および電力復旧を完了する見込みであると同氏は述べています。

機能的な空調設備を備えた仮設の学校は、今月中に生徒のために準備ができていますが、恒久的な住宅建設は1年以上かかります。

米国政府が一部閉鎖したにもかかわらず、同氏は「ここで働いているスタッフの大多数は、災害救済基金の下で給料を得ています…。これは今のところ閉鎖による影響を受けていません」と述べました。

「停止したアカウントの下に給与が支払われるスタッフがいますが、彼らはここで仕事をしており、彼らはその使命を気にかけています…ですので、彼らはここにとどまり続けています」

ゴミの除去が終わり、FEMAの現在の焦点の1つは、樹木ゴミ用のエアーバーナーを設置し、リサイクル目的で金属製ゴミを販売する準備をすることによって埋め立て地への影響を減らすことです。CNMI住民は、自身の瓦礫を材料別に分類してから、作業員が回収しやすり場所に置くことでFEMAを支援することができます。

家の修理に関しては、20人の軍の作業員がサイパンに230棟、テニアンに240棟の仮設屋根を設置しました- 彼らは2月の最初の週までに彼らの任務を終えることになっています。

「しかし、それは私たちが家を持つ個人を助けるためにしていることの終わりではありません」とFenton氏は保証しました。「暴風雨の間に被害を受けた屋根や家の他の部分を修理するために労働者を雇うのを助けるために、私たちは人々に助成金を提供しているだけではありません。家の修理や建て替えを手伝っています」

原則として、FEMAは2018年国際建築基準法に従って住宅と公共インフラを建設します。しかし、Fenton氏は、CNMIが2000年のIBCを「出発点」として使用する際にグアムに従い、それからエンジニア、建築家、そして地方自治体を集めてCNMI特有の状況に確実に合うようにコードを修正することを推奨しています。

今のところ、FEMAはその住宅が大きな被害を被っている保険非加入の住宅所有者のためにその恒久住宅建設プログラムを通して家を建て直すことを提案しています。ただし米国市民のみが対象です。

「これらのカテゴリに分類されるのは約500人です」とFenton氏は言っています。

すべてが計画通りに行けば、FEMAはこれらの住宅をこれまで以上に強く、台風に強いものにするために必要な材料と労働力を供給することができます。彼らはまた、受けた損害に基づいて住宅所有者に現金を単に提供することもできますが、Fenton氏はCNMI住民が完全なプログラムに参加することを希望しています。

FEMAはすでに、住宅所有者および賃借人に対して、修理および賃貸料の支払いを支援するために約21百万ドルの災害融資を提供しています。賃貸支援は毎月提供され、賃貸人は翌月の家賃の支払いを受けるために、前の月に家賃を支払ったことの領収書を提示する必要があります。

FEMAは、地元住民が彼らの選択肢をよりよく理解できるように、タウンホールミーティングでこの情報などを発表する予定です。

FEMAはまた、緩和基金を使用して、CNMIの被害を受けたインフラストラクチャー復興作業を積極的に構築しています。彼らは2000本の木製電柱をコンクリート製電柱に交換し、いくつかの電力システム、特に空港周辺の電力システムを地下に持ち込むことを計画しています。

しかし、CNMIのインフラストラクチャを強化するには、物資が海外に出荷されるのと同じぐらい早く到着するように強く進行する、Fenton氏が「距離の厳しさ」と呼んでいるものに対する困難との戦いがあります。

「私たちは飛行機を使ってすべてを行うことはできません」と彼は説明しました。

「コンクリート柱は船を使わなければなりません。それは時間がかかります」

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です