売春事件で告訴された男女

売春に関わったとして起訴された男女は、月曜日に裁判所のRoberto Naraja判事の前に出廷しました。

Roger Gecoso Pano Jr. 被告49歳は、売春斡旋容疑で司法長官室により起訴された一方、Mei Yang Chun被告44歳は、2度目の売春を促進したとして起訴されました。

裁判所は以前、各被告に対して刑事召喚状を発行しました。

裁判所の文書によると、サイパンで2018年8月9日頃、パノ被告はセックスサービスの支払いに同意しました。

Chun被告はその発言で、「故意に売春を進め、お金を受け取って分けた」と述べました。

売春を斡旋し促進することは軽罪であり、犯罪の有罪判決を受けた人は90日以内の懲役または1,000ドル以下の罰金、あるいは懲役および500ドルの罰金に直面します。

公聴会で、Robby Glass Jr.検事補が政府代表を務めた一方、Pano被告は裁判所が任命したViola Alepuyo弁護士が代理を務め、彼女のクライアントのためにフィリピン人通訳を依頼しました。

Alepuyo弁護士はまた、彼女のクライアントが検察官から司法取引合意の申し出を受けたと裁判所に伝えました。

チュン被告は国選弁護人オフィスが代表を務め、通訳も彼女のために用意されていました。

ナラハ裁判官は、2019年4月9日午前9時30分にステータス協議を予定しました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です