ホテル税の分配を得ていないMVA

2018年12月、マリアナ観光局は、その収入源、ホテル占有税徴収からの資金配分を受けていません。

MVAのマネージングディレクター、Chris Concepcion氏は11月、財務局から「一部支払いしか得られなかった」と述べました。

コンセプシオン氏によると、同部門はMVAに約250万ドルの債務があるとしています。

同氏は、11月には台風Yutuのせいでフライトがなかったことを指摘しましたが、その後観光産業はゆっくりと回復し、ホテルは再び占有税を払っています。しかしながら、資金が財務局に届いたら、「それはどこに行くのでしょうか?」

MVAは、財務局が徴収する総占有税の80パーセントを受け取る権利があります。

コンセプシオン氏は、資金の放出の遅れが日本、中国、韓国でのMVAの海外プロモーションプログラムに影響を与えるだろうと述べています。

「そこに広告がなければ、市場は私たちのことを忘れるでしょう」と彼は付け加えました。

「そこは非常に競争が激しく、私たちは何千ものビーチリゾート観光地のうちの1つにすぎません」

コンセプシオン氏は、財務部門と毎日連絡を取り合っていると述べ、同部門はCNMIの唯一の産業である観光業においてMVAが果たす重要な役割を認識していると付け加えました。

それまでの間、MVAは、理事会の承認が要求されると同氏が言う予算削減を課す必要があるかもしれません。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です