<グアムニュース>レジャー用大麻を知事が「概念的に」支援

グアムの15人の上院議員がレジャーのために提案されたマリファナの合法化について、彼らの議論を始めると予想されることで、支持者は知事の支援を受けています。

「法案の詳細はまだ見ていないが、概念的には、私は娯楽用マリファナを支持している」とルー・レオン・ゲレロ知事は水曜日に記者団に語りました。

「合法化されるべきだと私は感じている- 私は思っている」

法案32-35は、医学的な理由がなくても、21歳から成人向けのレクリエーション用マリファナの使用を提案し、雇用創出と新たな観光市場の開拓のための方法としてレクリエーション用マリファナ産業の構築を提案しています。

法案が発表されてから2か月以内に、その作者である新人議員のClynton Ridgell上院議員が確認した直後に、立法投票に上がる可能性があります。

グアム観光局は、21,000人の雇用を提供し、安全な観光地として発展するために半世紀を費やした観光産業への影響を含む調査を、最初に実施しなければならないと述べ、立法議員に立法を急がないように警告しました。グアムを訪れる観光客全体の86%以上が日本と韓国の市場で占められており、マリファナを含む違法薬物使用に対する法律は、彼らが合法的な場所で大麻を吸っていても自宅で訴追にさらされると彼らの政府は警告しています。

GVBのデータによれば、グアムを訪れる日本人と韓国人の観光客の半数以上が家族旅行で、その多くは幼児がいます。

グアム商工会議所は、法案32-35を支持していないとの立場を表明しています。

「この大胆な決定を下す前に、一連の問題に関する、より徹底的な分析に取り組む必要があると思う」

「私たちにはグアムの有権者によって承認された薬効のあるマリファナの法律があり、それはグアム商工会議所が苦痛で慢性的な病状を持っている人々を助けるために支持しているものです」と同会議所は表明しました。

「レクリエーションの利用に関しては、経済学の研究、観光の専門家との見直しを行ってください。さらに、雇用と影響の問題について民間団体や産業と話し合ってください」

この法律はグアム警察とグアム教育省からの重要な情報提供なしに進められています。グアム教育委員会は立場を表しませんでしたが、理事会メンバーRon McNinch氏はそれに反対しています。

知事は、上院議員がこの問題について議論しているので、「アルコールやタバコの使用と同じように」保護措置が含まれると確信していると述べています。

Leevin Camacho司法長官は、連邦法の下では依然として違法であるため、銀行および信用組合はマリファナからの収益の処理を許可されないと警告しています。

カマチョ氏によると、現金取引のみのマリファナ産業界は、強盗や盗難などの犯罪が増加する可能性があるとしています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です