OPA「公有地機関はロアベースの区画の賃料を集金できなかった」。DPLは同意せず

OPA公的監査人オフィスによると、国土局の前身機関であるマリアナス・パブリック・ランドは、「アーノルド1.パラシオス副知事がリースしているロアベースの公有地について「適時かつ正確に賃貸料を査定し、徴収することに失敗した」としています。

しかしDPL局長のMarianne Concepcion-Teregeyo氏は、賃貸料、持ち越し金、そして利子はすべて査定評価されたと述べました。

先週発表された報告書の中で、OPAは、121,000ドルの公正な市場価値を持っていたその不動産の鑑定評価書は、14年後に提出されたもので、公正価値が171,000ドルの不動産の鑑定評価書は3年後に提出されたものであると説明しています。

OPA報告書はさらに、DPLは「リース契約の2回目の改訂までに、隣接する区画が借手によって物理的に利用されたり侵害されたりした日を考慮に入れていない」と付け加えています。

しかしOPAは、DPLに支払われるべき金額を計算するための決定的な方法を決定することはできないと述べました。

OPAは、「この領地侵害は、DPLとその前身であるMPLCと国土省および天然資源部門- 公有地に知られていました」と述べました。

「しかし、以前の経営陣はこの侵害に対処したり、タイムリーなリース修正を追求したりしなかったため、料金の正確な鑑定評価が複雑になり、DPLが公有地からすべての資金を集めるという使命を果たすことができなくなりました」

OPAは以下の提言を行いました。

1.隣接する区画の実際の使用日を適切に決定すること。

2.この日付に関して、司法長官室との同意に達すること。そして

3.収入の損失を回避するために、借手に適切な請求書を作成すること。

さらに、OPAは、DPLがすべての長期リースを検討し、その状況を評価し、その結果を借手に通知することを提案しました。

昨年6月、選挙年度に、Palacios氏の公有地リースはコブラビル住民のジャック・ムーニャ氏によって質問されました。

ムーニャ氏は、パラシウス氏が政府と彼のリース契約金を完全に払っていなかったにもかかわらず、公有地から利益を得ているとPalacios氏を非難しました。

しかしながら、Palacios氏は一貫してリース料を支払ったと言いました。

2018年7月10日だけ、司法局長オフィスはOPAにDPLの賃貸料の計算の見直しと鑑定評価を依頼しました。

その報告書の中で、OPAは次のように述べています。

「2018年8月1日に作成されたDPLの改訂請求は、アシスタントAGからの2018年6月8日の法的指示に準拠していました。義務付けられた書類の適時の提出を強制しないことにより、リースの条件およびその修正に従ってリース賃貸料を適切に集金および鑑定評価をしなかった。これには、DPLが事業総売上税申告書を受け取り、追加の家賃が支払期日であるかどうかを評価し、適時に評価報告書を収集することを強制する文書の欠如に限定されることなく、含まれています」

OPAはまた、リース契約が修正される前に、DPLは隣接する区画が「借手により侵害された」日を考慮に入れていないと述べました。

DPLのTeregeyo局長は、「賃貸料がBGRTの3%を超えているため、賃借人からの追加の賃貸料は支払われていない」と示す事業総収入計算を提出したと述べ、この声明を否定しました。

「おそらく、BGRTが自動的に請求されるというのはOPAの理解です」

彼女は、「借手は総収入の3パーセントを差し引くことによって生じる剰余金を、ここに記載されている方法で会社に支払うものとする」と述べた契約条項を指摘引用しました。

OPAは、最初の勧告に対するDPLの回答は「この問題には対応していない」と述べています。

OPAは、「借手がすでに資産を転貸したときは、その資産を使用しないよう勧告し、いつその資産が侵害されたのかという問題を無視している」と述べました。

「OPAの第2の勧告に対するDPLの回答についてOPAは、アシスタントAGが彼の意見を覆したことをよく認識していました。しかし、DPLの査察報告と2013年の転貸契約は、借手が2回目の修正の調印のかなり前に公有地に侵入したという事実を示唆しています」

OPAの第3の勧告に対するDPLの対応について、OPAは、AGの問題との合意日に応じて、DPLは借手への現在の請求を修正しなければならない可能性があると述べました。

OPAは、それが提起した問題はすべて「未解決」のままであると伝えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です