MVAの新マネージング・ディレクターにプリシラ・M・イアコポ氏

マリアナ観光局は新しい局長にプリシラ・M・イアコポ(Priscilla M. Iakopo)氏を雇いました。

MVA理事会はまだ彼女の任命を発表していませんが、Iakopo氏は月曜日に出勤を始めたと話しました。

「先週、私は契約に署名し、昨日(月曜日)に出勤するように言われました」と彼女はMVAスタッフと理事会との面会の前、火曜日のインタビューでバラエティに話しました。

コモンウェルス・ヘルスケア・コーポレーションの調達および物資の元ディレクター、Iakopo氏は、彼女には多くの「革新的なアイデア」があると言っています。

彼女は、観光業界での経験があるかどうかを尋ねられ、「私はビジネスの修士号を持っています。そして、誰もがテクノロジーを介してつながっているので、私の計画の1つは、たくさんのビジュアル、景色、そしてサウンドを持つテクノロジーを使ってマリアナを販売することです」と語りました。

ロタとテニアンをプロモートするために、輸送問題について CPAコモンウェルス港湾局と協議するとIakopo氏は述べました。

彼女は、どちらも最近台風によって荒廃したロタとテニアンの販売促進をMVAがすでに積極的に行なっていることを指摘しました。

Iakopo氏は、前任者のChris Concepcion氏が開始したプログラムは今後も継続されると語りました。

「私はそれらのどれも中止したくありません。私たちが得ているフィードバックは非常に素晴らしかったです」と彼女は言いました。「私たちに必要なのは、もっと新しいイベントやプログラムを追加することです」

Iakopo氏は、彼女の目標の1つは地元の文化を取り入れて披露することであると述べました。

「観光は私たちの地元の文化の中に取り込まれているのはご存知と思います。そして私たちの文化、私たちの伝統、私たちの遺産が何であるかを探るために多くの観光客がここに来ます」と彼女はロタで生まれた母親と父親によってサイパンで育てられたことを付け加えて言いました。

「目標は、自分たちのやり方で私たちがどれほどユニークであるかを示すことです」とIakopo氏は言っています。

彼女はMVA理事会、ラルフDLGトレス知事とアーノルド・パラシオス副知事に対して、「私を選んでMVA局長を務める機会を与えてくれたことに感謝しています」と述べました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です