国務省が公立学校の修理のために100万ドルを承認

教育委員会のLynette Villagomez委員長は、米国内務省の島嶼局が公立学校システムの台風Yutu復興への取り組みを支援するための100万ドルの助成金を承認したと述べました。

彼女は、PSSがFEMAの要件の1つである屋根の硬化を含む公立学校の修繕について、連邦緊急事態管理局およびCNMI政府機関と協力していると付け加えました。

「私たちの目標は、翌学年度に現在ダブル・セッション(二部制授業)になっている学校を、全日制授業に移行することです」とVillagomezはインタビューで述べています。

台風Yutuはいくつかの学校に被害を与え、PSSに半日と二部制授業の実施を取らせました。

Villagomez氏によると、William S. Reyes小学校、Oleai小学校、San Vicente小学校、Francisco M. Sablan中学校の4つの学校が現在も二部制になっているといのことです。

彼女は、これらの学生が必要とされる内容を確実に受け取るようにするために、カリキュラムと指導のオフィスが教師と一緒に取り組んでいると付け加えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です