6月23日から72時間勤務スケジュール開始

火曜日にアーノルドI.パラシオス副知事は、緊縮措置の影響を受けた行政府機関も、重要な公共サービスの提供が妨げられないようにスケジュールを調整するよう求められていると伝えました。

行政機関の72時間勤務スケジュールは、6月23日に開始される予定です。

Palacios副知事によると、法執行機関を含むいくつかの事務所が免除を要求したが、そのような要求については「これまでのところまだ決まっていない」と述べました。

政府の歳入徴収額が不足していたため、行政府の労働時間の短縮が先月発表されました。

別のインタビューで、ノーザンアイランドのビセンテ・サントス市長は、彼のオフィスで労働時間短縮を実行することに問題がないと言いました。

「今のところ経済は本当に悪化していると理解しています」と彼は述べ、一部の従業員を解雇するよりも労働時間を短縮する方が良いと付け加えました。

サイパン市長のDavid M. Apatang氏は、彼のオフィスが月曜日から木曜日までにサービスの提供を「最大化」すると述べました。

市長のオフィスは毎週金曜日に閉鎖されますが、以前に金曜日に設定された会議予定には出席するであろうと言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です