上院が2020年度の収益予測を引き上げる

木曜日の上院議院は、2020年会計年度の予想収益を1.4百万ドル増加させる下院同一決議21-1の修正版を採択しました。

当初の決議により、2020年度の予想収益は2億3,320万ドルとなりました。このうち、151.2ドルが国土局DPLの410万ドルを含む予算に使用できます。

決議案を採択するにあたり、上院は、歳入可能額を1億5,290万ドルに増額しました。

David Atalig財務局長と経営特別予算補佐のVicky Villagomez氏との一連の会議の後、上院財政委員会は、テニアンとサイパンのアミューズメント・マシンのライセンス料3152万ドル、およびPSS公立学校技術教育基金の138,249ドルを同時決議に含めました。

同時決議の上院版は次のように述べています。

「立法府は、2019年6月6日に財務局からPSS技術教育基金と4 CMCセクション1508 [遊技機ライセンス料]基金が2番目と3番目の上院地区に留保される。意図しない資金の一覧に誤って除外されていたため、一覧に含める必要がある」

さらに、上院版の同時決議では、特定された予算財源のリストで、たばこ規制の358万ドルとがん基金の146万ドルを超えています。

上院はラルフDLGトレス知事が彼の予算送金状の中でこれらの目標の一時停止を勧告したと指摘しました。

「したがって、これらの指定された資金は移行されることはないので、削除する必要があります」と上院版決議は述べています。

H.C.R. 21-1は今下院に向かいます。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です