<グアムニュース>イゴの発砲事件で放火犯を指名手配

Yigoでの日曜日の発砲事件に関連して疑いを持たれている男は、過去の放火事件における彼の仮釈放担当官への確認を怠ったことで逮捕の令状が出されています。

Mossy Taitano(27)としても知られるThomas Mark Mendiola Taitano容疑者は、2014年の放火事件で仮釈放中です。

火曜日に警察はTaitano容疑者に指名手配のチラシを出しました。警察によれば、同容疑者は武装していて危険であり、接近するべきではないとしています。

Taitano容疑者は身長5フィート6インチから5フィート7インチで、体重は180から190ポンドであると言われています。彼は濃い肌色をしていて、茶色から中茶色の短髪です。

彼は月曜日の夜、YigoのChalan Evangelista沿いを警察から逃げるところを目撃されています。日曜日の夜にYigoの住宅街の中の家で、Keith Castroさんが射殺された事件で、警察はTaitano容疑者についての情報を持っている人からの連絡を求めています。

カストロさんの死を取り巻く詳細は不明のままです。逮捕はされていません。

2015年8月7日、Taitano容疑者は第3級重罪としての放火および家庭内暴力で有罪を認めました。

彼は、もともと第2級重罪として加重放火容疑で起訴された犯罪を含む、第3級重罪で有罪を認めました。

Taitano容疑者は5年間の懲役刑を宣告されましたが、3年間が延期され、裁判を待っている間の服役時間が積算数として認められました。

Taitano容疑者は2017年7月23日に釈放され、3年間の仮釈放が始まりました。

グアムデイリーポストは、Taitano容疑者が過去1年間、仮釈放局に報告していないことを確認しました。

2014年火災

2014年8月に、Taitano容疑者はDededoの家を火事にする前に兄と喧嘩となっていました。

Taitano容疑者を含む他の11人はChalan Binadu沿いの住居に住んでいました。それはその場しのぎの別館が付いている輸送用コンテナから作られていました。

警察の調査では、火災が発生する直前にTaitano容疑者がライターを借りていたとことを突き止めました。伝えられるところによれば、彼は「燃えろ」と言っているのが聞かれましたが、悪意をもってそれをしたことは否定しました。

彼はマチェーテをつかんで彼の兄弟を襲おうとしたとして逮捕されました。

家族はTaitano容疑者に立ち去るように言いました。彼らはまたしばらく住居を離れましたが、彼らが戻ったとき、彼らの家はすでになくなっていました。

Taitano容疑者は、ろうそくをひっくり返すことによって無意識のうちに家に損害を与えたとして逮捕されたとされています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です