OPAが税の償却を防ぐ別の方法を提案

公的監査局OPAは、ラルフ・N・ユムル議員が提出した法案で提案されているように、税の償却を制限するという考えを支持しています。

OPAの法律顧問Ashley Kost氏は、下院ゲーミング委員会(House Gaming Committee)への書面でのコメントの中で、問題のギャンブルに関連する問題を減らす努力を称賛すると述べました。

OPAは、総収入税の償却を制限することを提案している下院法案21-62の背後にある考え方を支持していますが、「この問題に別の方法で対処することを勧めます」と付け加えました。

OPAは、コモンウェルス・カジノ委員会(Commonwealth Casino Commission)の規制で既に定義されている「カジノ総ゲーム収益」の定義を明確にし、体系化することが「状況に対処する最良の方法である」とKost氏は考えていると述べました。

これにより、ギャンブルを目的とした融資やクレジットの拡大に​​対する税制上の優遇措置が廃止され、税法が明確になります。

「総収益の新しい制限を作成するのではなく、収益の定義を明確にしてこの抜け穴をふさぐことは、同一の問題に対するより直接的な解決策です」とKost氏は言っています。

H.B. 21-62はカジノの総ゲーム収益を、「現金、クレジットカードの支払い、および回収されたかどうかにかかわらず、受け取った小切手を含むカジノゲーム活動から実際に受け取った合計から、賞金として支払われた合計金額を差し引いたもの、カジノゲーム活動の目的のために、カジノまたはオペレーターによって延長されたクレジットの支払い、またはカジノゲーム活動のためのチップの発行は、ゲームから受け取った金額として含まれ、さらに、いかなる不良債務、クレジットカード手数料、リベート、インセンティブプログラム、あるいは割引は許可されない」と定義するようOPAは提言しています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です