<グアムニュース>グアム税関部長が損害賠償額25万ドルを求めて海運会社を告訴

グアムの税関検疫部長は、2017年5月にAPL船に乗船中、神経損傷と広範囲の身体的痛みを被ったと主張して、APL Maritime Ltd.からの250,000ドルの損害賠償を求めています。

ダーレン・メルファレン部長は、日本のヨカハマからグアムに到着したときにAPLサイパンに乗り込もうとした際、税関検査の過程で体に複数の負傷を負ったと主張しています。

この訴訟では、メルファレン氏と他の税関職員が、船の臨時通路が空中にあり、コンクリートの着陸部に適切に固定されていないことに気付いたと述べています。臨時通路が最終的に下げられたとき、メルファレン氏は臨時通路の右側の手すりが彼女の方向に倒れ、ヘルメットの側面に当たったときに右手を置いて臨時通路に登ろうとしました。

手すりが彼女に向かって落ち続け、メルファレン氏の膝が曲がり、手すりが彼女から引き離されて押し出さなければならなかったと裁判所の文書は述べています。

APLの乗組員はロープで通路を確保し、税関職員は検査に乗り込み、実施することができました。

メルファレン氏は、事故の翌朝グアム記念病院に行き、事件後何ヶ月も痛みに耐え続けたとしています。

「彼女の医療提供者の査定評価は、左肩の重度の痛み、筋肉のけいれん、その他の慢性的な痛みを含む末梢神経損傷と一致していました」と、Merfalen氏の弁護士R. Todd Thompson氏は述べています。

彼女は6週間理学療法を受け、カイロプラクティック・ケアを探しました。

この訴訟は、APLが欠陥があるとわかっていた臨時通路を操作することは無謀であり過失であったと主張しています。メルファレン氏は、APLの乗組員は、通路の手すりピンが緩んで、手すりが不安定になる以前の事件を知っていたと主張しています。会社は問題を認識していたが、それに対処するための合理的な措置を講じなかったと言われています。

この訴訟はもともとグアムの上級裁判所に提起されましたが、APL Maritimeによって地方裁判所に移されました。

APLの弁護士であるマイケル・ゲートウッド氏は先週、グアム地方裁判所での審理を必要とする海事延長法の下で、市民権と連邦問題の管轄権の多様性が存在することを理由に削除通知を提出しました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です