<グアムニュース>タロフォフォの滝で男性は泳いでおらず、滑って水中に落下

タロフォフォの滝で日曜日の午後に亡くなった50歳の男性は、写真を撮っている間に滑り落ちて水に落ちた、と公園の監督であるアンティノ・スキオン氏は語りました。

この男性は4人のグループにいて、滝のそばで写真を撮ろうとしていたが、足元を失い、水に落ちた、とスキオン氏は言っています。グループは911に電話をかけたが、公園の従業員は救急車と消防車が到着するまで事件について知らなかったとSukion氏は言いました。

スキオン氏によると、グループの誰かが男性を助けようとしたができなかったとしています。

スキオン氏によると、公園の周りには水泳、ジャンプ、ダイビングは禁止されているという標識が掲示されています。そのような事件は以前に公園で発生したことはなかったと彼は言っています。

グアム消防局のスポークスマンであるケビン・ライリー氏によると、検死が行われるまで死因は不明です。その男性はグアムの住民でした。

GFDユニットは、日曜日午後12時9分ににタロフォフォ滝で行方不明者の報告に対応しました。Reilly氏によると、レスキュースイマーは川を探して男性を探し始めました。

ライリー氏によると、行方不明のスイマーは午後3時15分に水没していることが判明しました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です