「ロタの電源供給安定」

5.6メガワットの発電能力

CUCロタの常駐ディレクター、David Atalig氏によると、現在、ロタの電力供給は安定しており、島は十分な予備電力容量を享受しています。

月曜日のCUC理事会の会議中での彼の報告の中で、彼らの総発電能力は現在5.6メガワットであると同氏は理事会に伝えました。

最大負荷は1.5〜1.7メガワットの間でしかないと彼は付け加えました。

アタリグ氏は、ミツイの第1発電機が現在2.0メガワットで島に電力を供給していると言っています。

キャタピラー(Caterpillar)社製パワーエンジンと新しいカミンズ・ジェンセット(Cummins Genset )No. 4ジェネレーターがインストールされ、スタンバイ状態になっています。各発電機は1.8メガワットの容量を生成できます。

ロタの発電機能は、数か月前に2つの主要な発電ユニットで問題が発生したときに侵害されました。そのため、CUC理事会は、昨年1月に島の緊急事態を宣言し、予備電力容量の作成を求めました。発電機セットが後に調達され、設置されました。

アタリグ氏は、CUC経営陣の迅速な決定により、CUCサイパンの技術チームが発電機ユニットの1つを修復するために、ロタに派遣されたことに感謝していると述べました。同時に、CUC理事会は、1台の発電機を交換するためにパワーエンジンを調達することを決定しました。これにより、1.8メガワットの電力を生産できるキャタピラー・エンジンが購入されました。

以前に購入した新しいカミンズ発電セット4号機とともに、アタリグ氏は、CUCロタには現在多くの予備電力があると述べました。

CUC理事会、エグゼクティブディレクターのゲーリーP.カマチョ氏とCUCの技術チームに感謝の意を表明したアタリグ氏は「電力を生成するために安定性を取り戻しました」と述べました。

アタリグ氏は、CUCの技術チームは「素晴らしい仕事をした」と話しました。

ロタの水生成状況に関して、アタリグ氏は、彼らの主要な水の洞窟が毎分460ガロンを生産し続けていると言いました。それは島全体に役立つのに十分です。

彼は、彼らのシナパロ貯水池は、主要な水供給者に何か問題がある場合のバックアップであると言い、フルレベルにあると言いました。

アタリグは、1つの井戸が待機中で、毎分140ガロンの生産もすると述べています。

「ご覧のとおり、ロタの水の状況に問題はありません。豊富な水がある」と彼は言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です