CHCC:ここで電子タバコにつながる症例はない

これまでのところ、CHCCコモンウェルス・ヘルスケア社によると、これまでのコモンウェルスにおける電子タバコの使用に起因する肺疾患に関連する症例はありませんでした。

ただし、CHCCのスポークスマンZoe Travis氏は、CHCCが警戒を怠らず、そのような状況が発生した場合に目を光らせていることを保証しました。

CHCCは、米国本土で重度の肺疾患を発症した電子タバコを使用している人のケースについて、昨年8月23日に疾病管理予防センターから通知を受け取りました。トラビス氏は、これらの症例はウィスコンシン州、イリノイ州、カリフォルニア州、ニューヨーク州、インディアナ州、ユタ州で報告されていると言っています。

CHCCは、咳、息切れ、疲労などの呼吸器症状を発症した電子タバコユーザーに、すぐに医師の診察を受けるように促しています。トラビス氏は、医師が電子タバコの使用に関連する症状を疑った場合、さらなる査定のために胸部X線またはコンピュータ断層撮影、またはCT胸部スキャンなどのさらなる試験が実施されると話しました。

CHCCは、電子タバコを使用している人を知っている人に、CHCCの公衆衛生部門、タバコ予防および制御プログラム(670)323-7848(QUIT)に連絡することを促しています。スタッフは、休日を除く平日は午前7時30分から午後4時30分まで電話での対応を行います。興味のあるクライアントはいつでも電話してメッセージを残すことができ、スタッフは常に彼らに連絡します。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です