<グアムニュース>GMHA公聴会請願がCSCの調査結果に反論

グアム・メモリアル・ホスピタル・オーソリティGMHAによると、公務委員会のスタッフはシマブクロ・コズエ博士の管理職解任が一種の懲罰である彼らの判断で誤りがありました。

病院が医師に対して報復したというCSCの決定の基礎となったのは、これらの職務の排除でした。

シマブクロ氏は、当時のグアム知事エディ・カルボ政権時代の2018年1月に病院認定の暫定的却下に導いた、指導体制の問題を指摘して病院の経営陣を批判していました。

彼女はGMHの医療サービスのアシスタント・アソシエイト管理者としての地位を辞任し、2018年7月12日に島を去りました。

しかし、去る前に、シマブクロ氏は自分の行動に対する報復を申し立てる内部告発者の訴えを提出しました。

GMHAは、CSCの調査結果に応じて追加情報を提供するために10日間の猶予が与えられていますが、9月13日に公聴会の請願を提出しました。

シマブクロ氏は懲戒されなかったという反論に加えて、9月13日の請願書は、CSCのスタッフが、2018年4月と5月に行われた懲戒処分を、その年の6月に島袋が行ったパブリックコメントに誤ってリンクしたこと、そして、医師の特定の記録の開示は法律によって保護されていなかったと反駁しました。

GMHAは、直接的または間接的な懲戒処分は発生していないとの主張を維持しています。

嘆願書によると、経営陣がその分野の経歴を認識しており、科の不足を補うより良い方法だと考えたため、シマブクロ氏は小児科の管理職から臨床職にリダイレクトされました。

さらに、CSCのスタッフは、GMHAがなぜシマブクロ氏をリダイレクトすることを選択したのかを尋ねられた際、妥当な回答を提供することに同意したと請願書は述べています。

シマブクロ氏は、2018年2月11日に、当時の合同委員会の委員会の判断と引用について、元デニス・ロドリゲス上院議員にもメールを送りました。合同委員会は病院の認定に関与しています。

サンシャイン改革法を参照すると、グアムの法律は、従業員が機密情報を開示した場合、懲戒に対する保護を行わないと請願書は表明しています。

合同委員会の調査結果は機密事項であったため、CSCのスタッフは、シマブクロ氏が保護された活動に従事していなかった判断すべきであったと請願書は示しました。

最後に、請願書は、疑いのある規律が情報の開示より前の日付にできないと述べました。 シマブクロ氏は、伝えられるところでは、2月に1度ロドリゲス氏に情報を公開し、2018年6月11日の議会での証言で再び情報を公開したとしています。

「CSCのスタッフは、2018年4月と5月に、シマブクロ医師のリダイレクトに関連する法律に基づいて懲戒処分の3つの事例を発見した」と請願書は述べています。 「CSCのスタッフは、2018年4月と5月にGMHAの管理者が行った行動を、2019年6月にシマブクロ博士がグアム議会に開示したと意図的に関連付けました」

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です