チャラン・ピアオ・スーパーマーケットがオープン


サイパン南部の食料品の需要を満たすために、チャラン・ピアオ・スーパーマーケットが先月10月18日に多くのファンファーレと共にでオープンしました。
オペレーション・マネージャーのビヤ・カナダラ氏は、チャラン・ピアオ・スーパーマーケットの所有者がこの地域に食料品店を開設したことで、島の南部でついに復興が本格化していることを示していると話しました。
昨年10月にスーパー台風ユツがコブラービル、サンアントニオ、ススペの村で大混乱を引き起こしたことが思い出されます。
先月チャラン・ピアオ・スーパーマーケットのグランドオープンを祝うために、カナダラ氏は、爆竹を点火し、サイトで1時間のズンバ・アクティビティを開催したと話しています。
彼女は、ズンバの踊りがレッツ・ムーヴ・マリアナとそのインストラクター、ジョセフ・カラント氏のパフォーマンスの間、爆竹は20分間続いたと言いました。とても人気があったため、ズンバのアクティビティは1日目だけでなく、10月19日のオープン2日目も引き継がれました。
チャラン・ピアオ・スーパーマーケットはまた営業初日に特別セールも提供し、週末のセールになるほど人気がありました。コメから冷凍品、鶏肉の箱に至るまでの品物に大きな割引が用意されました。
チャラン・ピアオ・スーパーマーケットは、日本、中国、韓国、フィリピン、米国本土からの新鮮な食材だけでなく、顧客が簡単に移動できる広い通路を備えた新しい冷凍庫を誇っています。
新しい食料品店は、チャランピャオ、ススペ、サンアントニオの銀行、学校、レストランの近くに戦略的に配置されています。
チャラン・ピアオ・スーパーマーケットの所有者は、ホップウッド・ミドルスクールが再建され、最終的に再開されるのを待ちきれないとカナダラ氏は言いました。スーパーマーケットは、コモンウェルスで最大のミドルスクールである学生とスタッフのニーズを満たすことに非常に意欲的です。
チャラン・ピアオ・スーパーマーケットは、チャラン・ピアオのサブウェイ横にあるVSサブランビルの1階にあります。カナダラ氏を含む6人のスタッフが勤務し、毎日午前6時から午前12時まで営業しています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です