<グアムニュース>グアムは闘鶏禁止を強制しない

 

連邦の闘鶏禁止は12月20日に施行され、グアムおよびその他の米国領土での慣行が禁止されます。

しかし、サビナ・ペレス上院議員の動物福祉と安全法に関する公聴会をまだ開催していないグアム上院議員は、事実上それを無視することに決めました。

議会は、闘鶏禁止の実施をグアム政府の最優先事項とする必要があると判断しました。

2020年度予算法の第XIII章のパートIでは、「2018年ファーム法案(米国公法115-334)で制定された連邦政府による闘鶏禁止の施行が、グアム政府の最優先事項である」と述べています。

知事の政策部長であるカルロ・ブランチ氏によると、ルー・レオン・ゲレロ知事は禁止を強制しないつもりです。

文化的および歴史的な動物への暴力

その年の12月に制定された2018年ファーム法案は、1年間の段階的導入期間で、領土全体での闘鶏の禁止を連邦政府に課しました。この禁止令は、この慣行に文化的および歴史的な重要性があると主張する、一部の領土居住者および公務員から深刻な批判を集めました。

「グアムの人々からの意見はこれまでに受け取られなかった。その結果、グアム議会は、グアムの政府の最優先事項として、この資金のない命令を強制するために地元の資金を使う改正を可決した」と8月に議会はティナ・ムーニャ・バーンズ上院議長のオフィスを通じて発表しました。

プエルトリコは、連邦裁判所でこの禁止に異議を申し立てることを試みましたが失敗しました。

禁止を取り消すことを約束する下院法案が2月に導入され、グアム連邦代表議員マイケル・サン・ニコラス氏が共同スポンサーとして署名しました。しかし、この法案は3月から小委員会に置かれています。

知事はフィエスタの闘鶏を認可しない

レオン・ゲレロ知事は禁止を強制していませんが、迫り来る連邦の命令について話し合うために市長と会いました。

過去、市長は村の祭りの期間中に闘鶏イベントを開催するため、知事に許可を求めることができましたが、この禁止により、その地域の法律は無効になります。

「私たちは先週知事と会いましたが、彼女は…書簡を送らないように私たちに話を行いました」とグアム市長会議の議長でデデド市の市長メリッサ・サバレス氏は言いました。

「彼女(知事)はこれを行うことは法律に違反することを私たちに思い出させ、彼女は法律を破りたくないので、それを認可しない」と市長は付け加えました。

Savares市長によると、禁止により闘鶏の規制区域がなくなるため、人々は近所で闘鶏を開始するという懸念があります。

トランプ大統領「神の創造の尊厳を称える」

11月25日、ドナルド・トランプ大統領は、動物虐待と拷問の防止(PACT)法を法律に署名することにより、動物虐待を連邦犯罪にしました。法律は、「意図的に押しつぶされ、火傷し、焼死し、窒息させられ、突き刺され、またはその他の重大な身体傷害を被る」すべての動物をカバーするように定義を拡大します。この法案は罰金を科し、最高7年の禁固刑を課しています。

法案に署名する際、大統領は次のように演説しました。「これはずっと前に起こるべきことでした。私たちには、神の創造の尊厳を尊重する責任があります」

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です