<グアムニュース>マンギラオの殺人事件の被害者、フアン“ジョニー”アグオンさんと判明

 

この男性の家族は先週、パンゲリナン通りにあるマンギラオの住居の外で銃撃によって殺害されました。

「ひどく傷ついています」と被害者の家族のダラ・モーゼスさんは話しました。 「彼はとても優しい。私が一人でいたとき、彼はいつも私を気にかけてくれていた」

被害者は、41歳のフアン“ジョニー”サン・ニコラス・アグオン(Juan “Johnny” San Nicolas Aguon)さんであると判明しました。

「彼はとても優しくて親切な人だった」とモーゼス氏は言っています。 「彼はふざけるのが好きで、冗談を言うのが好きでした-大変に無害な人です。彼は家の周りで料理をして掃除をし、彼自身の前でみんなの世話をするのが好きでした」

モーゼスさんは、アグオンさんが彼女がの長男の名付け親であると語りました。

「私はまだショック状態にあります。このようなことはこの地域では決して起こることはなかった」と彼女は言いました。 「その夜はとても怖かった。」

彼女の家はアグオンさんのすぐ隣です。

モーゼスさんは、先週の12月11日午前2時過ぎに銃声を聞いたことを思い出しました。

「大きな砲声がありました。私は中にいました。夫がゴミを出していました」と彼女は話しています。 「それで、その大きな発砲音を聞いたとき、私は外に出ました。私は直感で、彼だと思いました。私が出てきたとき、彼はゴミを引っ張っていて、発砲を聞いたとき、彼は凍りついていました。彼は振り向きました、そして、それが被害者が地面に倒れていたときでした」

彼女によると、誰かがちょうど撃たれたことを彼らが知った後の、感情的な瞬間だったとしています。

「それはとても速かった」と彼女は言っています。 「彼が見たのはスクーターに乗っている人だけで、その人の顔は見ていません」

グアム警察の犯罪捜査官は月曜日に家族の家に戻ってきました。しかし、当局はまだ新しい詳細を公表していません。

「私はグアムにとどまることを恐れています。私はパラオ人です。これは私の人生でこれまで見たことのないことです。それは怖くて、とても怖いです。それは安全ではありません」と彼女は言いました。 「警察は仕事をしている。知事はステップアップして何かをする必要がある。今年は、殺人、銃撃、子供たちがレイプされるのを見ている。警官はまだこれらの事件を解決していない。それについて何もしていません」

月曜日に、検死の結果、アグオンさんが銃創で死亡したことが示された後、GPDは死亡調査を開始したことを認めました。彼の死は殺人と断定されました。

OrdotのSan Just Bautista Catholic Churchでアグオンさんのミサが毎晩行われています。 家族は最終的な彼の葬儀の取り決めを続けています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です