ゲレロ議員「日本、韓国がウィルス流行のために国境を閉鎖するかもしれない」

ジョセフ“リーパン”T.ゲレロ議員(共和党-サイパン)は、遅かれ早かれ、日本と韓国政府がコロナウイルスの発生の侵入を防ぐために、国境を閉鎖することを決定するかもしれないと恐れています。

彼は、これは遠い可能性ではなく、CNMIへの経済的影響は政府職員だけでなく民間部門でも感じられると述べました。

下院商工観光委員会の議長を務めるゲレロ議員は水曜日のインタビューで、人々が感染している場合、国は人々を国外に出すことを望まないと話しました。

「人々がウイルスを持っているかどうかわからないからです。誰かが検出されるまでに14日間の潜伏期間があると言っています」と同氏は言いました。

中国東方航空、四川航空、北京首都航空、香港エクスプレスは、ウイルスの発生によりサイパンへのフライトをすでに中断またはキャンセルしています。

ゲレロ議員は、影響を感じるのはCNMI政府だけではなく、民間部門でさえも従業員の労働時間を調整することになるだろうと述べています。

「コミュニティとして、我々は嵐に耐える方法を理解する必要があります」と同議員は言いました。ホテルの主な顧客は観光客であり、それが他の民間部門エリアに流出するため、ビジネスコミュニティはピンチを感じるでしょう。

ゲレロ議員は、コロナウイルスの大流行がCNMIに到達しないことを望んでいます。それは小さなコミュニティにとって壊滅的なものになるからです。「人口の多い大国とは比較できない」と彼は付け加えました。「私たちはここでそれを抱えていないということは大変に幸運で運が良いです。経済的な観点からは、CNMIに完全に影響を与えるものです。私たちの唯一の産業である観光は、この影響を受けるに違いありません」

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です