<グアム>2日間で600人以上を検査、陽性症例ゼロ

COVID-19を引き起こすウイルスの検査で陽性となった人はゼロでした。これは、2日間連続で600以上の検体が検査されたものです。

共同情報センターによると、公衆衛生局とパートナーは合計195件の検査を実施し、すべての結果が陰性でした。

公衆検査を実施する取り組みが増えてきましたが、DPHSSは追加のコミュニティ検査を発表していません。 彼らがコミュニティに提供した最後のアウトリーチは、先週水曜日のアストゥンボ・ジムでした。午前9時から11時のアウトリーチ中に検査を受けることを期待して、何百人もの人々が現れました。

一方で、火曜日の結果は、2日連続でグアムがなんら新たな症例も発生していないもので、つまり3月に最初の検査が実施されて以来、312件の陽性症例が残っているという意味です。月曜日に、DPHSSと彼らのローカル、および軍事パートナーが443個の検体を検査し、すべての検体が陰性結果を返しました。火曜日の時点で、実施された検査の総数は約17,600件であり、これは1.7%の陽性率を意味します。

JICの報告によれば、4人が入院しているとされていました。これは、グアム記念病院の3人とグアム海軍病院の1人であり、知事の広報担当であるクリスタル・パコ・サン・アグスティン氏は述べています。彼女によると、GMH患者は安定した状態にありますが、海軍病院では患者の症状はなかったとしています。

政府の提供するデータによると、COVID-19が陽性であると検査された後、より多くの人々が隔離期間を終え、合計で210人となり、その数は97人にまで減少しました。

https://www.postguam.com/news/local/two-days-more-than-600-tests-0-positives/article_ed39fd04-c589-11ea-8047-2b3c9873ab13.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です