<サイパン>I-ZONE強盗容疑者を逮捕

公安局は、週末にI-ZONE Electronics Storeで強盗を働いたとされる男を逮捕しました。

DPSのスポークスパーソンDre Pangelinan氏によると、警察は先週の土曜日、I-ZONEでの強盗の容疑者はアルバロ・ジョセフ・カブレラであるという情報を受け取りました。DPS刑事との尋問中に、彼らはカブレラ容疑者が事件の日に盗まれたと報告されたものの説明と一致するiPhoneを持っていることに気づきました。カブレラ容疑者は後に強盗を犯したことを認め、午後10時33分頃に逮捕され、矯正局に連行されました。

パンゲリナン氏によると、DPSは7月31日金曜日の午後7時38分頃にサイパンのチャランカノアにあるI-ZONE Electronics Storeから通報を受けました。 通話は会話の途中で途切れました。警官たちは即座に現場に派遣され、強盗事件が発生したことを知りました。

予備調査の結果、長袖のシャツと帽子を着て、顔をマスクで覆った一人の男性容疑者が浮かび上がりました。この監視カメラで撮影されたビデオは、容疑者がナイフを持ってI-ZONEに入り、従業員に金を要求しているところを映していました。このビデオは後にCNMIのソーシャルメディアで広く流通しました。

容疑者はガラスのカウンターの上に登り、カウンターの後ろにいるレジ係に金を要求しました。それから男はレジから金をつかんでポケットに入れ、店の裏まで従業員を従わせ、振り向いて現場から逃げました。その時、この男は1,000ドル強の現金と2台のiPhoneを持って南に逃げました。

インタビューで、I-ZONEのオーナーであるトム・グー氏は、事件は計画的なものだったようだと語っています。

「午後8時に閉店するため、それは閉店時間の午後7時34分頃に発生しました。私の従業員は去ったところでした。彼女は午後7時20分頃に帰宅し、男は午後7時30分頃に店に入りました。男は外から店を見ているようだった」と同氏は話しています。

https://www.saipantribune.com/index.php/alleged-i-zone-burglar-is-caught/

 

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です