<グアム>知事「グアムはPCOR3に留まるが、最近のバーや葬儀の規制の影響を当局は監視する」

知事によれば、最近の感染症例の急増にもかかわらず、島はPCOR3に留まるとのことです。

ルー・レオン・ゲレーロ知事はCOVID-19の陽性反応が発表された2日後の、水曜日朝に公開されたビデオで、体調が良く、自宅で仕事ができると伝えました。

彼女はコミュニティの彼らの親切な関心と祈りの言葉に感謝しました。

「このウイルスに対抗する力を与えてくれたのは、この励ましの言葉です」と知事は述べています。

「最初の数日は惨めだったことをお伝えします。このウイルスの進路がどうなるかわからなかったので、かなり怖かったです。 おそらく、私は入院していて重症であった可能性があります」

彼女はこれまでに経験した病気は軽いようだと付け加えました。

「私は今、はるかに良くなり、実際にはあなたの知事として働き、在宅勤務を開始し、私たちの運用対応チーム、経営陣、副知事、および首席補佐官と緊密に連携し始めました」と彼女は言っています。

知事の事務所がビデオをリリースして間もなく、共同情報センターが更新情報を送信し、15件の新たなCOVID-19症例が公衆衛生社会局によって報告されたことを指摘しました。今回の発表は、症例が急増していると思われるものに続いています。先週、グアムは53件の新たなCOVID-19症例を見ました。

今週、これまでに見てきたこと:

月曜日:6人

火曜日:16人

水曜日:15人

これまでの週の合計数:37人

入院しているのは7人で、そのうち1人はグアム記念病院の集中治療室にいます。公衆衛生・社会サービス省によると、3月以降、26,200人を超える人が検査を行い、今日の陽性率は1.68%です。

新たな症例により、確認された症例の総数は449件に増えました。103人の隔離中症例者がいます。341人が隔離から解放され、COVID-19による死者数は5人のままです。

知事はこの急増を認め、バーの閉鎖と葬式に出席できる人々の数を減らすために、彼女の政権が取った行動を指摘しました。彼らはまた、通夜行うことについても規制しました。

「ご存知のように、陽性症例が増えています。これは、非常に堅牢な接触先追跡チームと非常に堅牢な調査チームがいるため、私たちが期待していたものです。そして、それが何をするかは、彼らが陽性を特定するとき、彼らはその陽性患者の密接な接触を特定し、それらを分離し、それらを感染から取り除き、彼らの後を追います」と知事は言っています。

さらに、私たちの検査能力は依然として良好です。そして、私たちはこのコロナウイルスを扱い、闘い、そして闘う過程を続けています」と彼女は言いました。

「私はまた、皆さんにお知らせしたいと思います。私たちはPCOR3に留まり、今後2週間の状況を確認します」

知事は、最近の急増の一部であった症例は、葬儀や酒場にまでさかのぼったと繰り返し述べました。彼女はバーの禁止と通夜葬儀で許可された人々の数の減少で、彼女は次の2週間で数の減少を期待していると話しています。

「私たちはまた、私たちがまだ森の外にいないことを、住民の皆さんに印象づけたいと思います。この病気は私たちの地域社会に存在し続けており、私たちはこの病気に打ち勝つためにさらに懸命に戦います」と彼女は言いました。

彼女はマスクを着用し、社会的距離を実践する必要性を強調しました。

「あなたの家族の中でさえ、あなたはあなたのマスクを着用するべきです」と彼女は言います。

「このコミュニティを安全にするために、あなたが尽くしてくれたことすべてに感謝します。そして、私たちはあなたの責任、勤勉さ、そしてあなたの家族と私たちの島へのあなたの愛によって、このコミュニティを安全にしていきます」

https://www.postguam.com/news/local/governor-guam-to-stay-in-pcor3-as-officials-watch-impact-of-recent-restrictions-on-bars/article_a3c2a8dc-dc5f-11ea-bb2b-87c56b3fa97c.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です