<サイパン>IPIが今年の1550万ドルのライセンス料を支払えず

インペリアルパシフィックインターナショナルは今年、年間1550万ドルのカジノライセンス料を支払うことができないと、IPIのCEO、ドナルドR.ブラウン氏はCNMI政府に伝えました。

水曜日は、IPIが年間の専用カジノライセンス料金を支払う期限でした。

ラルフDLGトレス知事、ビクター・ホッコッグ上院議長、ブラス・ジョナサン・アッタオ下院議長、エドワード・マニブサン検事総長、CNMI宝くじ委員会のマーク・ラバウリマン委員長、およびコモンウェルス・カジノ委員会のアンドリュー・ヨーム事務局長に宛てた同氏の文書で、「どう考えても、IPIは閉鎖されたままで、今後8ヶ月間は無収入になるでしょう」と伝えました。

IPIは、カジノ事業者に本国送還費用と、彼らの所得となるはずだったCWの年間賃金の4分の3を支払うように要求している、何百人もの従業員を長期休暇処分にしなければならなかったと同氏は話しました。

ブラウン氏によると、IPIが再開すると、何百人もの労働者を戻す必要があるため、再開にかなりの費用がかかるとしています。さらに同氏は、IPIは再開するまで収入がないと付け加えました。

IPIがカジノを閉鎖したとしても、毎月支払う必要のあるかなりの運営コストがまだあると彼は言っています。 家具がカビにならず、電気ゲーム機が錆びないように、定期的にエアコンをオンにする必要があります。ブラウン氏によると、この費用やその他の費用を支払う収入がない場合でも、IPIはセキュリティを維持しています。

「IPIは現在、残っている従業員に支払うべき債務におけるすべての賃金に適用されています。IPIは、サイパンに留まる従業員に健康保険を提供しています。IPIは、会社提供の住宅に残っている従業員のために電源を供給しています。IPIに留まらない数百人の従業員を、IPIは母国に帰還させる過程にある」とブラウン氏は述べています。

「残念ながら、IPIは2020年8月12日には年間ライセンス料を支払うことができません。何が起こったかというと、IPIの制御を超えた、典型的な「不可抗力」です」と彼は付け加えました。

彼は、誰かが契約を履行するのを妨げる「不可抗力」、または予期せぬ状況がある場合、IPIはカジノライセンス契約によって許可される救済を求めていると言っています。

同様に、ブラウン氏は言います。「IPIはCommonwealth Casino Commissionの運営をサポートするために10月に約300万ドルを支払う予定です。IPIが再開するまで、監視するカジノ運営はありません。したがって、IPIは、300万ドルの支払いを再開する30日前まで延期することを提案しています」

「IPIが要求していることは前代未聞ではありません」とブラウン氏は言います。 「米国の航空会社はパンデミックによってほぼ完全に閉鎖されました。 連邦政府は航空会社に特定の税金や手数料からの救済を提供しただけでなく、永久に閉鎖しないように航空会社に直接[アシスト]として数千万ドルを与えました。IPIは特定の手数料からの救済を求めているだけです」

同氏は、IPIが求める救済を承認するために議会が必要となる可能性があることを、IPIは理解していると付け加え、そのため、議員に彼らの支援を要請していると話しました。

https://www.mvariety.com/cnmi-local/73-local/5802-ipi-can-t-pay-this-year-s-15-5m-license-fee

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です