11,000人を超える米軍兵士が、太平洋で開催される隔年の合同軍事演習であるヴァリアント・シールド(Valiant Shield)に参加しています。

この計画は2018年に始まりましたが、2020年のすべてのことに共通しているように、COVID-19は関係者全員に大きな懸念を提示しました。演習は9月14日に始まり、9月25日に終了すると軍はプレスリリースで述べています。

演習の何百人もの参加者がグアムのホテルを利用しています。 しかし、関係者が土曜日に述べたように、リリースによると、今年のグアムの軍人は前回のヴァリアント・シールド演習と比べて少なく、参加するために陰性検査結果を要求するなどの予防策が講じられています。

「11,000人以上の参加者がいます。彼らのほとんどは(グアム)に駐留していません」とアンダーセン空軍基地の第36ウィングの司令官、ジェレミースローン将軍は話しています。 「COVID-19の予防策が私たちの主な関心事でした。…最も広範囲な対策の1つは、ここに来るすべての展開担当者のすべてのユニットが、14日間の事前検疫、または取得の前にホームステーションでの移動を制限する必要があることです。そして、彼らがここに来ると、彼らは動きの厳しい制限を受け、基地と彼らのミッションセットへのアクセスを本当に許可します」

ヴァリアント・シールドは2006年に始まり、それ以来2年ごとに開催されています。米国にとっては、地域の安全を維持する能力を発揮する機会であると同時に、さまざまな軍の支部が共同演習を通じて協力して取り組む機会でもあります。

「準備が必要です」

「これは決してこの地域で起きた何かに反応したものではありません。私たちは今目の前にある大規模な電力競争の状況について すべてを語っています。私たちは、現在手元にある大きな電力競争状況についてすべてです。そして、我々は最高レベルでの活動を継続することを確認するために、日常的に演習を行っています」と、統制グループ司令官として演習を指揮しているジェームズ・エイケン少将は述べています。

ヴァリアント・シールド空軍遠征部隊の司令官であるブライアン・ボールドウィン大佐は、この演習を通常の業務と見なしたと言っています。Valiant Shield 2020は、5回目の参加となります。

「2年に1度、共同勢力を結成する絶好の機会です。…定期的なビジネスです。素晴らしい場所であるグアムに会う機会です。今回は違います。しかし、違うからといって、実行しないわけではありません」と同氏は述べました。

「準備が必要です」とエイケン氏は付け加えました。 「私たちは、同盟国を保証し、パートナーを保証し、地域の安全をサポートできなければなりません。…どんな課題があったとしても、私たちはその大きな力の競争を追求し続けることができなければなりません」

https://www.postguam.com/news/local/valiant-shield-leaders-discuss-challenges-and-opportunities/article_f7e0d262-fa29-11ea-967f-abe28d389de0.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です