<サイパン>芋屋(Imoya)の高品質で手頃な日本料理

マイケル・ジャン氏は、15年の歴史を持つ日本食レストランを若い世代に再び紹介したいと考えているため、芋屋(Imoya)レストランに新鮮な雰囲気をもたらしました。

現在、23歳のマリアナ高校の卒業生が所有するこのレストランは、まったく新しいメニューを備えていますが、コミュニティが愛するようになった古い日本食レストランの素朴で伝統的な雰囲気を維持しています。

「私たちのメニューは、古いメニューとはかなり異なります。 もっと現代風にアレンジしたいし、金欠の高校生でも楽しめる手頃な料理を私は望みます」とジャン氏は言います。

オープンからわずか1か月でも、ジャン氏と会社はまだレストラン業界への参入を感じていますが、すべての兆候は、彼らが生み出してきた料理の品質と顧客から得た素晴らしいレビューによって、彼らが正しい軌道に乗っていることを示しています。

これまでみんなの気を引いたのは、さくら(新鮮なサーモンとキュウリとフライングフィッシュロー)、カツ丼カレー、ポークロイン・カツ、天ぷらうどん、イエローテールのクリームソース添え、味噌クリームパスタです。芋屋レストランのキッチンから出てくる料理は、新鮮でおいしいです。伝統的な日本料理を現代風にアレンジしたもので、愛情を込めて作られているのは明らかです。

「私たちのメニューの大部分は15ドル未満です。…私はまだ若いし、無一文になって私の銀行口座に25セントを入れる気持ちもわかります。そこで私は、「それがアジアのものだからといってクオリティを上げないのはなぜか、食材は韓国や日本から簡単に入荷できるし、もっとお得なメニューを提供できる」と思いました。

ジャン氏によると、イモヤ・レストランがやらないことの1つは、料理の質を落とすことです。 「私が保証できることの1つは、当地にある他のほとんどの日本食レストランと比較して、私たちの料理の質と私たちの料理の状態が明らかに良いということです」

島の真ん中に戦略的に位置するジャン氏の希望は、芋屋レストランがすぐにサイパンのすべての人にとっての場所になることです。 「この場所を、ランダムに火曜日の夜に行ける場所にしたいと思っています。人々がいつでも来て、何時間もおしゃべりをしながらおいしい料理を楽しむことができる場所にしたいと思っています」と彼は言っています。

ジャン氏によると、メニューは今後数日で拡張されるため、まだ確定していないと言います。 彼はまた、すぐに他のビジネスベンチャーを創設することにも目を向けています。

「営業を開始してからわずか3週間です。 近い将来、事業を拡大したいと思っています。 芋屋を私の第一の宝物として残すかもしれません…それは私の故郷のようなもので、ここにあるさまざまな種類の料理を増やし、おそらく同じようなコンセプトの別のレストランを設立するでしょう」

ジャン氏の大きな希望は、芋屋レストランだけでなく、コモンウェルス全体でもあります。 「サイパンは非常に小さな島ですが、同時にレストランビジネスでの競争はほとんどありません。ここにはたくさんの地元の人がいます…あなたが彼らに合理的な質の高いものを与えれば、彼らはそれのために喜んで費やします。あなたが本当にそれについて考えるならば、サイパンは次のシンガポールになることができます」

知事のCOVID-19タスクフォースのガイドラインに従う限り、ジャン氏は、芋屋レストランではIの点とTの点が交差していると言っています。 「私たちは…各顧客の後にすべてのテーブルとレストランの表面を消毒して拭き取ります。長い休憩(3時間)があるので、すべてのものをひとつひとつを拭き取り、水をやり、消毒するために多くの時間があります」

自称昆虫恐怖症(虫を恐れる人)のジャン氏は、定期的に駆除業者を呼んでレストランを燻蒸するので、害虫駆除は問題ではないと言っています。芋屋レストランは、オレアイのビーチロード沿いのアトキンス・クロールの向かいにあります。月曜日から土曜日のランチは午前11時から午後2時まで、ディナーは午後5時から午後9時まで営業しています。予約または詳細については、488-2211に電話するか、Facebookページから連絡してください。

https://www.saipantribune.com/index.php/quality-and-affordable-japanese-food-at-imoya/

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です