<サイパン>DPS「マッピ事件に関連する可能性のある車両を入手」

DPS公安局は、7月27日午後10時頃、マッピの道路の路肩で20歳の女性の遺体が発見された事件に関連すると思われる車両を押さえたと発表しました。

DPSは声明の中で、捜査官がこの事件に真摯に取り組み続けていると付け加えています。

DPSによると、DPSの捜査官は、この事件に関係のある人物に質問を行い、インタビューやコールイン、匿名の情報提供などを通じて得られた多くの手がかりや情報をフォローアップした結果、警察はこの事件に重要な令状を執行しました。

なお、この事件は現在も調査中です。

なお、事件の進展に支障をきたすことのないよう、詳細な情報は後日お知らせします。DPSは、「この期間、一般市民やメディアが家族に配慮するようお願いします」と述べています。

「犯罪や緊急事態を通報する際には、いつでも911に電話することを強くお勧めします。また、匿名を希望される方は、CNMIクライム・ストッパーズ・ホットライン(234-7272)にご連絡ください。私たちの警官があなたを助けます」

今週の金曜日に被害者の検死が行われることが、他の情報源からバラエティ紙に伝えられました。

DPSは被害者の身元を明らかにしていませんが、複数の情報によると、ソフィア・パトリシア・アルダン・デマパンさんとのことです。

消防救急医療局によると、被害者は頭部に重傷を負い、複数の骨折を負っていました。

https://mvariety.com/news/dps-takes-possession-of-vehicle-that-may-be-involved-in-marpi-case/article_63e51d2c-f503-11eb-aadd-fb7aafcc2090.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です