<サイパン>米国控訴裁判所、FEMAに対する訴訟の棄却を肯定

米国第9巡回区控訴裁判所は、ロシア人が連邦緊急事態管理庁を相手取って起こした訴訟を却下し、NMI連邦地方裁判所の訴訟却下判決を支持しました。

第9巡回区の裁判官は、ミラン・フランク・ファーゴとしても知られるロシア人のナシル・ナザロビッチ・クルバノフ氏の訴えを、訴訟実態がないとして却下しました。

「連邦地裁は、FEMAが求償を中止することに合意したため、FEMAの求償に起因するファーゴ氏の請求を無効として適切に棄却した。連邦地裁は、Stafford ActがFEMAの任務遂行時の裁量的行動に対する司法審査を除外しているため、ファーゴ氏の残りの請求を主観的管轄権の欠如として適切に棄却した。連邦地裁は、ファーゴ氏が救済の根拠を立証できなかったため、ファーゴ氏の再考申立を却下したが、その裁量権を逸脱していない」とその命令で述べています。

また、裁判所は、陪審裁判を受ける権利があり、連邦地裁がファーゴ氏に偏見を持っているというファーゴ氏の主張を退けました。

訴訟によると、ファーゴ氏は、2015年にサイパンを襲った台風スーデローの後、島の住民に提供されたFEMAの資金の一部または全部を受け取る資格がないと判断したことに対してFEMAを訴えました。

NMIの地方裁判所のラモナV.マングローニャ首席判事は、ファーゴ氏のFEMAに対する訴訟のうち、1つを除くすべての請求を予断なく棄却しました。

マングローニャ判事は、ファーゴ氏が救済を受けられる可能性のある請求を述べたが、それはSoudelor台風の後に災害支援を受ける資格がないとFEMAが判断したことについてのみであると判断しました。

https://www.saipantribune.com/index.php/us-court-of-appeals-affirms-dismissal-of-suit-against-fema/

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です