<サイパン>カジノ委員会には12人の職員が残っている

コモンウェルス・カジノ委員会(Commonwealth Casino Commission)には、まだ自身を含めて12人の従業員がいると、同委員会のアンドリュー・ヨム事務局長が先週、委員会に報告しました。

Yeom氏は月例報告の中で、さらなるスタッフの離職を経て、「2021年9月29日現在従業員は12人になった」と述べました。

コヴィド19のパンデミック前には50人以上の従業員がいたコミッションは、6月下旬に異なる部門の25人の従業員に解雇通知を送り、人員削減を開始しました。

8月には、法務担当者を除く15名の従業員になったことをヨム氏が委員会に報告しました。先週、執行・調査部門のチーフであるヴィンス・ババウタ氏とコンプライアンス部門のマーク・ヴィノス氏が辞任したことに伴い、最近の「分離」が発生したとエグゼクティブディレクターは報告書で述べています。

Yeom氏は、テルマ・マイザー氏を執行・調査部門と許可・ライセンス部門の両部門の代理マネージャーに指名しました。委員会の他の部門は、監査、コンプライアンス、管理サービスである。それぞれに2名のスタッフがいます。

今月初め、ロタ島を代表していたディエゴM.ソンガオ委員が健康上の理由で辞任しました。残りの委員は、委員長のエドワードC.デレオン・ゲレロ氏、副委員長のラルフS.デマパン氏、ラモン・デラクルス氏、マリオ・タイタノ氏です。

2021年8月、委員会の総経費は10万7211ドルで、そのうち59.32%が人件費と福利厚生に、25.26%が委員などの報酬に費やされました。

この委員会は、独占ライセンス保有者であるImperial Pacific International社がもはや支払えない300万ドルの規制料のみに依存しています。

コビット19パンデミックの中で2020年3月に閉鎖されたIPIは、業者や元従業員からいくつかの訴訟を起こされています。

最近、Yeom氏はIPIに対して4つの苦情を申し立て、カジノ投資家の独占ライセンスの取り消しを求めました。

https://mvariety.com/news/casino-commission-has-12-employees-left/article_2f1879e4-2506-11ec-ae87-7f23bc8f8eba.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です