<サイパン>財務局長とCPA局長が新しいCovid-19プロトコルを歓迎

デビッドDLGアタリグ財務局長は、CNMIのCovid-19プロトコルが変更されたことについて、コモンウェルスの経費削減につながる可能性が高いと述べました。

「ワクチンを接種した旅行者が自宅で検疫を受けられるようにすることで、食事や部屋、さらにはスタッフの配置など、政府の支出を最小限に抑えることができ、これは財政の助けになります」と同氏は述べています。

これは、私たちがすべきことについて、『流れに身を任せる』ということです。支出は減りますが、検疫に対応するための固定費はまだたくさんあります。

旧マリアナリゾートの検疫費用を例に挙げ、10人でも200人でも費用は固定されているとアタリグ氏は言います。

「幸運なことに、私たちのコミュニティを守るための(アメリカの)救助計画法の資金があります。ここ数週間で急増した要請症例に対応できる資金があります」と同氏は付け加えました。

境界線

これらのプロトコルが国境にどのような影響を与えるかについて、コモンウェルス港湾局理事長のキンバリー・キング・ハインズ氏は、「私たちは収益を上げている企業なので、飛行機が着陸しなければ請求書を支払うことができないため、飛行機を追い出し続けることは維持できません」と述べています。

「私たちは、コロナウイルス対策法、コロナウイルス対策・救援法、米国救済計画法の資金の配分について、非常に慎重に対応してきました。基本的には、これらの資金で来年度をまかなう計画を立てましたが、その後は明らかに持続可能ではありません」と彼女は付け加えました。

CPAには、特に韓国の航空会社から、CNMIへの渡航を希望する問い合わせや依頼が多く寄せられているそうですが、これはコモンウェルスが高い予防接種率と優れたCovid-19プロトコルを備えているからだと言っています。

「その理由は、コモンウェルスのワクチン接種率が高く、Covid-19のプロトコルがしっかりしているからです。キャパシティの問題があり、そのキャパシティは空港ではなく、ホテルの部屋のキャパシティなので、明確な答えは出せません」

「米国運輸省、米国疾病管理予防センター、バイデン政権は、基本的に海外旅行者として入国する場合、予防接種を受けていれば、検査も検疫も必要ないという新しいガイドラインを導入しました。ですから、【CPA】にとっては、これは喜ばしいことであり、歓迎すべきニュースです。これからは、マリアナ諸島観光局と協力して、市場を拡大し、新たな航空会社を誘致して、経済を再び活性化させるための計画を立てなければなりません。…. 観光客は我々の”パンとバター”であり、これは我々にとって良いニュースです」。

https://mvariety.com/news/finance-cpa-chiefs-welcome-new-covid-19-protocols/article_89b43376-4de1-11ec-83f7-271a1ac6e8fc.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です